• HOME
  • ひざの運動

ひざの運動

ひざの健康を保つには、適度な運動も必要です。
マッサージやストレッチ、運動を行うことは、ひざ周りの筋肉の維持や、ケガや変形の防止にも役立ちます。
まず、運動の準備からご紹介しましょう。

運動の前に~ひざ下のタイプを見分ける

まず、自分のひざ下がどのタイプかを見分けて、自分にあったひざの運動を選びましょう。

ひざのタイプ説明イメージ

マッサージ・ストレッチ・運動を行う時の注意点

no1ストレッチ(静止や運動の最中)の時は、絶対に呼吸を止めないようにする。

できるだけリラックス状態をつくり出し、血流を促すようにする。

NG筋肉を伸ばそうとするあまり、息を止めて力んでしまっては、かえって逆効果。筋肉は、伸びるどころか、ますます緊張してしまう。

no2力を入れる強度は、目いっぱいの八割に抑える。

ストレッチの最適な強度は、「もうこれ以上伸びません」の約8割の力で。
「痛みを感じないイタ(痛)気持ちいい」範囲で、最も伸ばした状態。

最も柔軟性の向上に有効なことがわかっている。

no3ストレッチ(静止)の時間は、10秒~30秒。

ストレッチをおこなう時間の目安は、10秒~30秒程度。
1セットのみではなく、2~3セット行うのがより効果的。

NG勢いをつけて、グイッグイッと力を入れないように。

no4筋肉が温かい状態がベスト。

行うタイミングは、お昼前後や午後、入浴後など、体が温まっている状態の時がよい。

NG避けたほうがいいのは、食後30分以内。消化という作業に、影響がでてしまう可能性があるため。

no5ゆったりとした服装でおこない、水分補給を忘れずに。

体を動かしやすい格好で。

ストレッチの前や、汗をかいた後は、水分の補給を。