腎虚とは

人は誰でも年をとっていき、体が変化していきます。
中医学では、加齢による変化を「腎虚」という考え方で説明しています。
腎虚とはどういうものなのか、ご紹介しましょう。

中医学の基本~五行と五臓

最新の Adobe Flash Playerが必要です

Get Adobe Flash player

再生時間:約1分(音の出ないコンテンツです)

腎虚は腎気が衰えた状態

人の一生と腎気の盛衰のイメージ図

人の一生は腎気の盛衰で表されます

」は、腎臓という意味ではなく、内臓の機能のうちの内分泌系、泌尿・生殖器系、免疫系、中枢神経系の一部の機能のことを指します。
また、腎にある精気を「腎気」といいます。腎気には、生まれたときから持っている「先天の精」と、あとから食事などにより得られる「後天の精」があります。先天の精は減る一方ですが、後天の精は食事などにより増やすことができます。

「腎は精を蔵し、生長・発育・生殖をつかさどる」といわれ、人の一生は腎気の盛衰で表されます。
腎気が衰えた状態が「腎虚」です。

腎がつかさどる部位

腎がつかさどっている部位のイメージ図

腎はさまざまな部位をつかさどっています

腎は骨をつかさどり、髄を生じ、脳に通じる」「腎は耳と二陰に開竅(かいきゅう)し、その華は髪にある」といいます。骨や脳、耳、生殖能力だけでなく、髪も腎がつかさどる部位です。
また、「腎は水液をつかさどる」ともいいます。
水液とは体内の水分のことで、体液を体内に貯めたり、排泄したりする機能も腎のはたらきの一つとされています。

腎気が衰えると、腎がつかさどる部位の機能も低下します。