生活のヒント

昔から、人間の体は天地や両親からのもらいものであり、傷つけたり病気になったりするのは最大の親不孝であるという考え方があります。
この考え方による最大の親孝行=長生きのために、毎日できることを考えてみませんか?

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

飲食~適量を守る

食事の節度

一汁一菜の食事を食べ終わって満足している人のイメージ図

「少し足りないかな」と思うくらいが適量です

前回は、人体を構成する“元気”には、先天的なものと後天的なものがある、という考え方をご紹介しました。
そして、後天的なものの材料となるひとつが、「水穀の精微」、すなわち水や食事などから生成されるものです。
“元気”の材料となるわけですから、飲食にも気をつかったほうがよいのは当然ですね。

貝原益軒は、著書『養生訓』のなかで、「元気は生命の本(もと)なり。飲食は生命の養いなり。」とする一方で、「好めるに任せ、ほしいままにすれば、節に過ぎて必ず脾胃をやぶり、諸病を生じ、命を失ふ」と、節度のない飲食をいましめています
おいしいものに出会うと、それをほどほどにしておくことは難しいことですが、「酒食茶湯、ともによきほどと思ふよりも、ひかえて七八分にてなおも不足と思ふ時、早くやむべし。飲食して後には必ず十分に満つるものなり」と、食後には必ず満足するのだから、“腹八分目”でやめておくのがよいとしています。

食べ過ぎないことによって、脾胃(消化器官)にすき間ができ、“元気”がめぐりやすくなるとともに、消化がしやすくなります。逆に、脾胃にすき間がないと、“元気”のめぐる道をふさいでしまうので、病気になりやすい、というのがその理由です。

花は半開に見、酒は微酔に飲む

五味のイメージ

「五味」をバランス良く、ほどほどにとるのが大切です

飲食のバランスも大事です。
五行説では、食べるものの味を「酸」「苦」「甘」「辛」「鹹(塩からい味)」の「五味」に分類していますが、益軒はこれらのうちどれかに偏ること=「五味偏勝」をすると体調を損なうので、すべての味をほどほどにとると良い、と述べています。

また、バランス良く食べるためには、食事のなかでも順序に気をつけると良い、というのが益軒の考え方です。
最初はお吸い物を飲み、肉や魚をとらないようにしてご飯を食べると、ご飯の本来の味がよくわかるそうです。肉や魚はあとから食べることで“気”を養うことができるだけでなく、おかずが少なくても気にならないと言います。

自宅では実践できても、宴会ではそうはいきませんよね。
益軒は、「花は半開に見、酒は微酔に飲む」という言葉をあげ、いくら楽しい席であっても節度を守ることをすすめています。