• HOME
  • 健康食品とのつきあい方

健康食品とのつきあい方

「健康食品」は、医薬品とはどう違うのでしょうか? どう利用すればいいのでしょうか?
「健康食品」との正しいつきあい方を知って、健康維持に役立てましょう!

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

「健康食品」とは

カプセル、粒、ドリンクなどの健康食品のイメージ図

健康食品には、さまざまな形状があります

「健康食品」と言われると、どのようなものを思い浮かべますか?
一般的には、カプセルタイプや粒タイプのもの、ドリンクタイプの「健康に良い」として販売されているものが健康食品と呼ばれますが、実は、健康食品には明確な定義はありません。
お菓子のようなタイプのものや、一般食品に栄養素を添加したもの(たとえばビタミンを強化した米など)も、健康食品と言えるでしょう。

古来、中国では、病気を治すために用いる薬を「下品(げぼん)」と呼び、病気が現れる前から、生命を養う目的で用いるものを「上品(じょうぼん)」と呼んでいました。健康食品は、この「上品」にあたると言ってもいいかもしれません。

健康維持をサポート

ウォーキングをする人のイメージ図

バランスの良い食事、適度な運動に
健康食品をプラス

健康食品は、あくまで「食品」で、健康維持のサポートとなるものです。これさえ食べていれば健康になれるというのではなく、バランスの良い食事や適度な運動とともに利用することで、健康を維持するものと考えましょう。

医薬品や医薬部外品は、体の不調を治療・改善する=「治す」ためのものですが、食品は栄養素を補給することで体の機能を維持する=「健康を保つ」ためのものです。
このため、医薬品は飲み方や分量が厳密に決まっています。健康食品は、飲み方や分量に決まりがなく、個人の判断で選べる反面、どうやって選べばいいかわかりにくいのも事実です。
では、まず健康食品のかしこいとり方から考えてみましょう。