• HOME
  • 健康お悩み相談所(白髪)

健康お悩み相談所

年齢を重ねると誰でも出てくる健康のお悩み。
今さら聞けない、聞きにくいお悩みについて解説するとともに、
中医学(中国の伝統的な医学)からの見立てや対処法をご紹介します。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

白髪

西洋医学から見たシミ・そばかす

髪を黒くしているのは、メラニンという色素です。
メラニンは、髪を作る毛母細胞の周辺に存在するメラノサイトという細胞によって作り出され、髪の中に入っていきます。このメラニンの色や質によって、髪の色が決まります。

白髪は、メラノサイトの機能が低下し、メラニンを作り出せなくなると起こると考えられています。メラノサイトの機能低下は、加齢のほかに食事のバランスや生活習慣、遺伝などの影響によることが多いようです。

一度生えてきた白髪には色素がないため、色が戻ることはありません。
ご家庭で染められるヘアカラーには、黒髪用と白髪用があり、黒髪用では白髪がうまく染まりません。白髪用を選び、パッチテスト(かぶれなどを調べる皮膚テスト)を毎回行ってから使うようにしましょう。

頭皮のイメージ図

メラノサイトが作る
メラニンによって髪の色が決まります

中医学から見た白髪

中医学では、「腎の華は髪にある」としています。
「腎」の気が強ければ髪は健康ですが、弱ければ髪はツヤを失ったり、白くなったりします。
「腎」の気が加齢によって衰え、その衰えが髪に現れたものが白髪と考えて良いでしょう。

白髪にならないようにするには海藻を食べると良い、などと言われますが、残念ながら根拠は解明されていません。
ただ、「腎」の気は食べ物などから補充されるものなので、バランスの良い食事を摂ることは大切です。

かつて、中国の詩人・李白は、「白髪三千丈 愁いによりて かくのごとく長し」と表現していますが、ストレスも白髪の原因になると考えられています。ストレスを上手に解消する自分なりの方法を見つけましょう。

人の一生と腎気の盛衰のイメージ図

加齢とともに「腎気」が衰えると、白髪が現れます