• HOME
  • 健康お悩み相談所(耳鳴り)

健康お悩み相談所

年齢を重ねると誰でも出てくる健康のお悩み。
今さら聞けない、聞きにくいお悩みについて解説するとともに、
中医学(中国の伝統的な医学)からの見立てや対処法をご紹介します。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

耳鳴り

西洋医学から見た耳鳴り

耳鳴りとは、体の外に音源がないのに、音が聞こえるように感じることです。ほとんどは本人にしか聞こえないもので、「キーン」「ジワジワ」といった音が聞こえます。
ほとんどがしばらくすれば治るものですが、常に聞こえ続ける場合や、繰り返す場合には耳鼻科を受診したほうが良いでしょう。

西洋医学では、耳鳴りの原因は完全には解明されていません。いくつか考えられる原因として、次のようなものがあげられます。

【耳の病気の影響】

中耳炎、外耳炎、メニエール病などの影響で耳鳴りがすることがあります。片側だけの耳鳴りや、めまいを伴う耳鳴りには他の病気が隠れている可能性があるので、まず耳鼻科を受診しましょう。

【高血圧によるもの】

高血圧の随伴症状として、耳鳴りが起こることがあります。まずは血圧を下げる治療を行います。

【加齢による難聴に伴うもの】

年齢を重ねると、音を感じる「内耳蝸牛(ないじかぎゅう)」の機能が衰え、音の伝わりが悪くなります。いわゆる「耳が遠くなった」という状態ですが、初期症状として耳鳴りを伴うことがあります。
症状が進むと、補聴器での対応となります。

耳を軽く押さえて「?」となっている人のイメージ図

一時的な耳鳴りは、
ほとんどの人が経験します

中医学から見た耳鳴り

中医学では、「腎は耳と二陰に開竅(かいきゅう)し、その華は髪にある」といわれており、耳の機能は「腎」のはたらきを反映しているものと考えます。
「腎」の気が不足している状態を「腎虚」といいますが、腎虚から起こる状態の一つに耳鳴りがあります。
腎虚からくる耳鳴りに対応する漢方処方で、薬局・薬店で買えるものには八味地黄丸、牛車腎気丸などがあります。

また、高血圧に伴う耳鳴りは、「肝」の血が不足している状態、「肝血虚」から起こると考えられています。
薬局・薬店で買える漢方処方で、この症状に対応するのは七物降下湯です。

人の一生と腎気の盛衰のイメージ図

腎虚の症状の一つに
耳鳴りがあります

薬局・薬店で買える漢方処方で、目の症状に対応するものには以下のようなものがあります。

  • 八味地黄丸、牛車腎気丸…老人のかすみ目など
  • 杞菊地黄丸…疲れ目、かすみ目など

杞菊地黄丸に使われている菊花は、「肝」をスムーズにして気をめぐらせ、見る力(機能)を高める生薬です。
古代中国では、旧暦の9月9日を「重陽」として、菊花を浮かべた酒を飲み、長寿を祈る行事が行われていたと伝えられており、有名な詩人・李白の詩にもその様子がうかがえます。
また、この習慣は日本にも伝わり、平安貴族は重陽の節句として、菊花の宴を楽しんでいたそうです。