• HOME
  • 健康お悩み相談所(老眼・目のかすみ)

健康お悩み相談所

年齢を重ねると誰でも出てくる健康のお悩み。
今さら聞けない、聞きにくいお悩みについて解説するとともに、
中医学(中国の伝統的な医学)からの見立てや対処法をご紹介します。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

老眼・目のかすみ

西洋医学から見た老眼・目のかすみ

西洋医学では、老眼や目のかすみは、眼球そのものや眼球の周りの筋肉が老化することで起こると考えます。

【老眼】

眼球の前面には、レンズの役割をする水晶体があり、その周りにある筋肉、毛様体筋(もうようたいきん)が伸び縮みすることによって水晶体の厚みを変え、ピントを合わせています。加齢によって、水晶体が柔軟性を失ってしまったり、毛様体筋などがおとろえてしまうことが、老眼の主な原因とされています。

【目のかすみ】

一時的な目のかすみは、毛様体筋が疲れてピントが合わないことが主な原因です。
慢性的な目のかすみは、レンズの役割をする水晶体が、加齢とともに変性し、白く濁ってしまう白内障が原因の一つです。白内障が進行すると、手術で治療する必要がありますので、気になる場合は眼科医を受診してください。
ほかに目のかすみを起こす疾患としては、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)があります。眼球には、フィルムの役割をする網膜という部分がありますが、加齢とともに網膜の周辺には老廃物が蓄積していきます。これによって網膜の一部である黄斑という部分に障害が起こり、見えづらい部分ができてしまうのです。

眼球断面のイメージ図

ピントを合わせる筋肉のおとろえや、
水晶体のにごりが原因の一つ

加齢黄斑変性の網膜のイメージ図

加齢黄斑変性の網膜
(※イメージ図)

中医学から見た老眼・目のかすみ

中医学では、老眼や目のかすみの原因を、目の機能そのものではなく、目の機能をつかさどる「五行」の関係に求めます。

視覚系の機能は「」がつかさどります。そして、「肝」を助けるのが「」、「肝」を打ち消すのが「」です。すなわち、「肝」そのもののはたらきが弱ることはもちろん、「腎」が弱ったり、「肺」が強すぎたりすると、目の症状として現れるとされています。

五行のイメージ図

薬局・薬店で買える漢方処方で、目の症状に対応するものには以下のようなものがあります。

  • 八味地黄丸、牛車腎気丸…老人のかすみ目など
  • 杞菊地黄丸…疲れ目、かすみ目など

杞菊地黄丸に使われている菊花は、「肝」をスムーズにして気をめぐらせ、見る力(機能)を高める生薬です。
古代中国では、旧暦の9月9日を「重陽」として、菊花を浮かべた酒を飲み、長寿を祈る行事が行われていたと伝えられており、有名な詩人・李白の詩にもその様子がうかがえます。
また、この習慣は日本にも伝わり、平安貴族は重陽の節句として、菊花の宴を楽しんでいたそうです。