• HOME
  • 健康お悩み相談所(高血圧)

健康お悩み相談所

年齢を重ねると誰でも出てくる健康のお悩み。
今さら聞けない、聞きにくいお悩みについて解説するとともに、
中医学(中国の伝統的な医学)からの見立てや対処法をご紹介します。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

高血圧

西洋医学から見た高血圧

西洋医学では、高血圧の原因は一つではなく、さまざまな要因がからみあっていると考えます。

そもそも、高血圧とは、血液が血管壁にかける圧力が高いことをいいます。血圧は、全身の血液量が多過ぎることでも、血管が狭くなったり硬くなったりして血液が通りにくくなることでも高くなります。

血液量が多くなったり、血管が狭くなったりする原因は、塩分の摂り過ぎ、飲酒、喫煙、肥満、ストレス、遺伝的要因などさまざまです。また、脂質異常症の場合は血管壁にコレステロールが沈着し、血管が狭くなることもあります。

西洋医学での高血圧の治療は、まずは生活習慣の改善、それでも数値が良くならなければ降圧剤を処方する、という流れです。
ふだんから、家庭での血圧測定を習慣にし、自分の血圧を知っておくと良いでしょう。

血圧が上がる仕組みのイメージ図

中医学から見た高血圧

高血圧は、頭痛、耳鳴り、肩こりといった症状をまねくことがあります。中医学には、こうした「高血圧の随伴症状」に対応する漢方処方があります。

血圧が高めの方の、慢性的な頭痛、イライラしやすいという症状に対応する漢方処方で、薬局・薬店、ドラッグストアで買えるものには、釣藤散があります。

高血圧の方の、のぼせや肩こり、耳鳴り、頭が重いといった症状に対応する漢方処方で、薬局・薬店、ドラッグストアで買えるものには、七物降下湯があります。

耳鳴りがする人のイメージ図

漢方処方は、高血圧の随伴症状に対処します