• HOME
  • 健康お悩み相談所(冷え)

健康お悩み相談所

年齢を重ねると誰でも出てくる健康のお悩み。
今さら聞けない、聞きにくいお悩みについて解説するとともに、
中医学(中国の伝統的な医学)からの見立てや対処法をご紹介します。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

冷え

西洋医学から見た冷え

西洋医学には「冷え症」という病名はなく、冷えは自律神経の不調などによって起こる状態の一つと考えます。
自律神経は、交感神経と副交感神経の2種類から成り立っていて、そのバランスによって人体のさまざまなはたらきを調節しています。しかし、自律神経が寒さなどの環境の変化、ストレスなどによってバランスを乱すと、体の不調をまねきやすくなります。
自律神経は全身の体温調節のほか、血流にもかかわっており、乱れると血行不良をまねきます。末梢の血行が滞ると、より冷えを感じやすくなります。

対処法としては、軽い運動をしたり、ゆったり入浴したりして血行を促すのがおすすめです。また、ビタミンEも血行を促進するはたらきがあります。

お風呂のイメージ図

薬用入浴剤を使うと、お風呂の温浴効果が高まります

中医学から見た冷え

中医学には、西洋医学にはない「冷え症」という概念があり、これにはさまざまなタイプがあるとしています。

足腰が冷え、貧血気味で、月経不順などもあるような冷え症は「血虚(けっきょ)」が原因と考えられています。全身を栄養する「血(けつ)」が不足した状態が血虚で、栄養物質が不足して体を温めることができなくなります。
このような症状におすすめの漢方処方で、薬局・薬店、ドラッグストアで買えるものは、当帰芍薬散です。

足は冷えるのに、顔には汗をかくといった「冷えのぼせ」の症状がある冷え症は、「お血(おけつ)」が原因と考えられています。「血(けつ)」とは、全身を栄養する血などのことで、そのめぐりが滞った状態が「お血」です。
このような症状におすすめの漢方処方で、薬局・薬店、ドラッグストアで買えるものは、桂枝茯苓丸です。

手足が冷え、冷えると下腹部が痛くなりやすい冷え症は「寒邪(かんじゃ)」が原因と考えられます。「寒邪」は、何らかの原因で体が冷やされてしまった状態のことで、たとえば、クーラーなどで体が冷えることもその一つです。
このような症状におすすめの漢方処方で、薬局・薬店、ドラッグストアで買えるものは、当帰四逆加呉茱萸生姜湯です。

寒そうな人のイメージ図

「冷え症」は、西洋医学にはない概念です