ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 予防美髪ケアブランド「いち髪」

暮らしのヒント

予防美髪ケアブランド「いち髪」

予防美髪ケアブランド『いち髪』は、今年の秋、予防美髪を支えてきた「和草のちから」をさらに強化し進化しました。そこには、女性にとっての髪の美しさを追求し続ける「いち髪」らしい、想いとこだわりがありました。

  • 進化が止まらない「純・和草プレミアムエキス」。さらなる“予防美髪”の強化へ―

    『いち髪』は和草のちからで、髪を補修しダメージの予防をするのが大きな特長。日本では古来、美しい髪を保つために、多くの和草が使われてきました。今回のリニューアルで『いち髪』は、日本人女性の髪と相性がいい植物を厳選し「純・和草プレミアムエキス」(補修&予防美髪成分)をさらに進化させています。
    『いち髪』には、あんず油*1、茶花エキス*1、赤米エキス*2、クルミオイル*3、サクラエキス、ツバキエキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス*4などが補修&予防美髪成分として配合されています。
    今回、補修成分としてパワーアップした「黒米発酵α*5」に加え、予防成分としてさらに改良された米のとぎ汁由来成分の「コメEX-S*6」と、新しく「あずきエキス*4」「ボタンピエキス」が配合されました。シャンプーには「あずきエキス」を配合。平安時代には髪を洗うのに澡豆 (そうず) (白あずき粉) が使われていたそうです。また、豪華で美しい花を咲かせるボタンの根の皮「ボタンピ」には、地肌の乾燥を防いで健やかに整える優れた働きがあることがわかりました。
    さらに、全品サルフェートフリー処方*7で、シャンプーは髪と地肌をいたわる植物由来アミノ酸系洗浄成分*8使用のノンシリコンシャンプーで、地肌への配慮は欠かしません。

    *1:濃密W保湿ケアラインに配合 / *2:コメエキス / *3:トリートメント系に配合  / *4:シャンプーに配合 / *5:ラカンセア/加水分解コメ発酵液、コメエキス / *6:厳選された米の研ぎ汁由来成分(水ダメージを防ぐ成分 フィチン酸はシャンプーのみに配合) / *7:硫酸系界面活性剤不使用 / *8:ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグルタミン酸TEA

    和草のちからをストレートに表現

    『いち髪』がこだわりぬいてきた「和草のちから」を、パッケージの見た目からも伝えられるように。

    そんな願いを込め、ブランドのロゴを一新しました。

    『いち髪』のまわりには、今回のリニューアルで配合されている様々な和草たちがあしらわれており、「和草のちから」をストレートかつかわいらしく表現しています。

    いち髪ロゴ

  • シンプルなケアで、毛先のパサパサがツヤツヤに! 温感補修毛先ケアパックが登場

    シャンプー+コンディショナーをしたら、週2〜3回程度、トリートメントやヘアマスクをするとより効果的なケアができますよね。この秋、『いち髪』から毛先の集中補修を叶える「温感補修毛先ケアパック」が新たに登場しました!こちらも山桜の香り「スムースタイプ(なめらか)」とあんずと桜の香り「濃密保湿タイプ(しっとり)」の2種類をラインナップしています。
    “トリートメント効果をより高くしたいけれど、実際に蒸しタオルなどを用意するのは面倒・・”というようにヘアケア意識は高い人でも、実際に蒸しタオルを使う方はほとんどいないことが判りました<2012年当社調べ>。そこで、蒸しタオルで髪を包んだかのようなトリートメント効果を手軽に実現すべく「温感補修毛先ケアパック」を開発しました。毛先を中心に髪に伸ばすだけで、じんわ〜りと温感パックが、髪に吸着、浸透し、枝毛、広がり、パサつきなどを徹底的に補修します。つややかでまとまりやすい健康的な髪に導きます。トリートメントと併用もおすすめ。触るのが楽しくなる髪になっていくのを感じるはずです。

    水道水の金属イオンが髪にダメージ!?

    今、水道水で髪を洗うことによるダメージが注目されています。

    そこで、『いち髪』は、水道水ダメージを予防するため、「コメEX-S」を改良しシャンプーに配合。

    中に含まれる米ぬか由来の「フィチン酸」が水分中のカルシウムやマグネシウムなどを取り除き、髪を洗うときのダメージをおさえ、髪のごわつきを予防します。

  • 『いち髪』は、全方位からダメージを予防し、深みのあるツヤをたたえた美髪へ

    「一髪、二姿」(いちかみ、にすがた)と伝え続けられていることからも、古くから日本人女性の美しさを大きく左右してきた“髪”。
    健康的でなめらかな質感をたたえた髪は、表情や動作まで美しく見せ、また、その人の内面を写す鏡であり、髪が美しい人は、心身ともに美しい女性とされていました。
    ストレスの多い、現代女性の髪の1本1本を“絹髪”へ・・。そのためには毎日のヘアケアがとても重要です。
    一時的な解決ではなく、“髪を芯から健やかにし、美しく輝かせる”。常に美しい髪でいるために、将来のダメージまでも予防するという“予防美髪”の発想をもとにこれからも商品開発を進めていきます。

    山桜やあんずの優しい香りに包まれながら、バスルームで気持ちよく使い続けていただくことで、さらに健康的でまとまる美しい髪へ・・・。
    日本女性の髪のために、『いち髪』らしいこだわりで、これからも進化しつづけていきます。

「いち髪」のたいせつなこと。
一髪、二姿。(いちかみ、にすがた)

『一髪、二姿。(いちかみ、にすがた)』 それは、日本女性の身だしなみの心得として語り継がれてきた言葉。
2014年秋、『いち髪』は、予防美髪を支えてきた「和草のちから」をさらに強化し、日本女性の髪のために、進化しました。
まず第一に髪のこと。
いち髪は、日本女性の美しさを引き出すために、日本女性の髪質を研究し、商品を開発しています。

いち髪
ブランドサイトはこちら
掲載日:2014年10月1日