ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 「H・ミッテルクリーム」

暮らしのヒント

「H・ミッテルクリーム」

ニオイを本気で悩んでいる人が増える夏。ニオイに対して敏感な人が多い日本で30年以上ロングランを続けているワキガ対策クリーム『H・ミッテル』。「サラッとした使用感がやめられない」など、長年の愛用者も多い商品です。そんなロングセラー商品のヒミツを、お話しします。

  • 気になるニオイのもと、とは?!

    汗をかきやすくなるこの季節、ニオイが気になりますよね。
    ところで、汗をかくと出る、あのツンと鼻を刺すようなニオイの元って何だと思いますか?

    汗そのものに含まれていると思っている人が多いですが、それは違います。
    ニオイが出るのは、汗に含まれる皮脂やたんぱく質を、皮膚の雑菌が分解することから発生します。

    この雑菌を殺菌する効果があるのが『H・ミッテル クリーム』。ワキガの原因の常在菌をしっかり殺菌することで、「ニオイを防ぐ」のが最大の魅力。

    改良に改良を重ねて、ニオイ対策と保湿効果がパワーアップしています。ヨーロッパに伝わる、「アルテア」と「セージ」が保湿成分として配合されています。

    • アポクリン汗腺から出る汗は脂質、タンパク質などを含んでいます。皮膚の雑菌がこれらを分解します。
    • そうすると気になるニオイが発生します。
    • だから、H・ミッテルクリーム。すりこんで、しっかり殺菌のクリームタイプ。殺菌成分が、気になるわきの下などのニオイを防ぎます。
    「わきのにおい」の研究

    漢方研究所では、2006年に「体臭」特に「わきのにおい」の原因となるアポクリン汗腺の働きに着目し、特定の酵素(アルカリフォスファターゼ)が関与していることを発見しました。

    その酵素の働きを抑える可能性のある素材を探して、約50種類もの植物エキスの酵素阻害活性を測定。その結果、数種の植物エキスに強い阻害害活性があることを確認!

    この研究では、汗に対応するだけではなく、においの原因物質の分泌を抑制し、においの発生を遮断するメカニズムそのものを解明することができました。
    研究所では、人の悩みとカラダの仕組みについて日々模索しています。

  • クリームなのにサラサラ☆

    クリームと言うとベタベタとべとつくイメージがありますが、『H・ミッテル クリーム』はなめらかなテクスチャーでするすると肌になじむ優れもの。クリームを塗った後でも、すぐにサラッとした状態に!
    肌に残りにくく、淡雪のようにサラッと溶けるような使用感も魅力のひとつです。
    また、クリームなので肌としっかり密着して殺菌するのも特徴です。

    チューブのデザインも使い勝手の良さを追求。クリームが出てくる部分がドーム型になっているので、直接手に取らずとも塗りこめます。

    更に、保湿効果が高く、塗った後は肌がしっとりすべすべに…。
    夏のべとつく季節に嬉しい、サラッとした使用感とスーッとした爽快感が人気の秘密です。

    なんと足のニオイ対策にも使える!?

    気になるニオイといえば、足のニオイが気になる方も多いですよね。

    特に女性はパンプスやレインブーツが蒸れてしまい、「靴が脱げない」なんて事態に!

    そんなときの予防用にも『H・ミッテル クリーム』が大活躍。

    足の雑菌を殺菌し、ニオイを根元からオフ。クリームがサラッとしているから、足にべたつきが残る感じがせず、快適に使えるんです。気になる人はお試しを♪

  • 手軽にこっそり使えちゃう

    H・ミッテル クリームは音を立てずに使えるのも特徴のひとつ。
    夏になると、人と会う前のエチケットとして、ニオイ対策をする人は多いと思います。他の人がいる更衣室お手洗いでニオイ対策をするときも、音を立てることが無いので、気づかれないのがいいですよね。

    手軽なサイズ(25mlと50mlサイズ)なので、ポーチやバックの中にこっそり忍ばせることもOK!
    出かける前に塗り忘れたときにも、素早く対応できます。

    夏の気なるニオイを、心地よいサラサラ使用感で対策!
    手軽に持ち運べるコンパクトサイズで、夏のライフスタイルに加えたいアイテムです。

「H・ミッテルクリーム」のたいせつなこと。
使い心地のよさにも、こだわっています。

夏が近づくと、汗やニオイが気になり、悩んでいる方に自信を持ってほしいと商品を開発しました。ニオイの原因菌を殺菌することだけではなく、使い心地のよさ、塗りやすさなど、使用感にもこだわっております。汗やニオイに悩む多くの方が毎日の生活を少しでも楽しく前向きに過ごしやすくなるよう応援しております。

詳しい情報はこちら
掲載日:2013年8月1日