ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 ボディケアブランド「PURE SAVON (ピュアサボン)」

暮らしのヒント

ボディケアブランド「PURE SAVON (ピュアサボン)」

極上*1のあふれる泡を、1プッシュで実感!たっぷりと泡立つ“植物石鹸生まれの濃縮ボディソープ“で、極上のバスタイムを。そんな願いから生まれた、「ピュアサボン」のたいせつなこととは……

  • バスタイムは、一日の疲れを癒す「自分時間」

    “いいこともそうでないこともあったけれど、明日は、もっといい日にしたいね“なんて心の奥底で思いながら、一日のリセットをするのは、“バスタイム“という人は多いものです。

    そんな大切な時間をさらに充実させたいと登場したのが、新ボディソープ「ピュアサボン」です。洗う成分は、植物由来の石けん素材を使用。肌への優しさをたいせつにしました。

    ピュアサボン

    使ってみると驚くのが、モコモコと泡立つ濃密泡!!

    濃縮ボディソープだから可能になったコンパクトなボトルをワンプッシュし、手のひらで泡立てるだけでも、驚くほどたくさんのクリーミーな泡ができます。この、濃密なボディクリームのような、豊かな泡は、肌にもしっかり密着し、きちんと汚れを落とします。

    洗浄成分をギュッと濃縮

    「ピュアサボン」は従来のボディソープを1.5倍濃縮し、豊かな泡立ちを追求しました。

    石鹸ベースなので、濃縮しすぎるとダマになって固まってしまうという性質がありましたが、液体としてキープできるように通常の製品開発の4倍もの実験をしました!
    泡立ちが良すぎてテストの際に泡が溢れてしまって慌てたこともありました。
    そんな泡立ちへのこだわりを実現したボディソープが「ピュアサボン」です。

    グラフ

  • バスルームいっぱいに広がるように、香りを工夫

    ボディソープのポイントとなるのは、やはり“香り“です。

    「ピュアサボン」は、清楚で気品ある「クラシックフローラルの香り」と、高貴で優雅な「ローズブレンドの香り」の2種類があります。

    いずれも、バスルームが上品な香りに包まれて、さらにスペシャルな時間に。
    これらの香りも楽しんでいただけるように香料にも工夫!

    ベッドに入ったときにも、ふんわりとエレガントな香りに包まれている……そんな贅沢な気分を味わえるのも「ピュアサボン」ならでは。

    ボトルも、パリの雑貨屋さんを思わせる優しくレトロなカラーと、ナチュラルなデザインを採用し、バスルームがオシャレな雰囲気に。さらに、省スペースだから、スッキリと収納できます。

    石鹸が、ボディソープに

    特別な時にちょっと高級な石鹸を自分のために使う人が増えています。
    でも、意外と、固形石鹸はお風呂場でふやけてしまったり、取り扱いに苦労することもあるようです。

    「ピュアサボン」は、そんな声に応え、実現しました。従来のボディソープと同じように使えるのに、濃縮タイプ(当社比)だからボトルはコンパクトで、1人暮らしのバスルームでもオシャレに収まります。

    イメージ

  • 全身がうるおう、しっとりとした洗い上がり

    「ピュアサボン」は、植物石鹸生まれということはもちろん、「ギュッ」と詰まった“うるおい“にもこだわっています。

    「サボン草成分(洗浄成分)」と「シアバター(うるおい成分)」を配合し、肌をリフレッシュしつつ、しっかりと保湿!
    そして、「クラシックフローラル」は、肌をすべらかに整えるマドンナリリーエッセンスが、「ローズブレンド」にはなめらか素肌に整えるローズエッセンスを配合しています。

    そして、洗い上がりは、しっとりとうるおった肌に。リッチな使い心地で、贅沢な気分になります。

    ぜひ今までに体験したことのないような、贅沢でリッチな泡立ちと香りを楽しんで欲しいですね。

    *1 当社ボディソープ(小売店販売商品)と比べ、1プッシュの液量(3mL)でもっとも泡立ちの量が多い

ボディケアブランド「PURE SAVON (ピュアサボン)」のたいせつなこと。
たっぷりの泡・うるおい・香りで、極上のバスタイムを。

少し眠たい朝の気分を切り替えたり、忙しかった1日の終わりにゆっくりと身体をほぐしたり。
バスタイムは、自分をリセットするたいせつな時間ですよね。
毎日がんばっている人たちの、日々のバスタイムをちょっと贅沢に。そんな願いを込めて、「PURE SAVON (ピュアサボン)」は生まれました。
こころも、肌もうるおって、次の1日をまた頑張れるように。 そんな商品を、これからもつくっていきたいと思います。

ブランドサイトはこちら
掲載日:2013年6月3日