ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 スキンケアブランド 「ナイーブ」vol.3

暮らしのヒント

スキンケアブランド 「ナイーブ」vol.3

誕生から20年目を迎える、洗う成分が100%植物生まれのボディソープ『ナイーブ』。肌に優しい洗い上がりと、家族みんなのお風呂タイムがHAPPYになるよう願いを込め、さらに進化しました。

  • 洗う成分の100%が植物生まれ

    ナイーブが追求しているのは、家族全員が安心して使える「肌への優しさ」と洗い上がりの気持ちよさ。

    その答えのひとつは、洗う成分の100%が植物生まれということ。
    20年前の誕生のときから変わらず、植物性せっけん素材の洗浄成分を使用。
    ナイーブならではの、「さっぱり洗えて、素肌がうるおう」という洗い心地は、植物の優しさによるものなんです。

    その洗い心地を実現する植物の力は、ナイーブが発売当初からたいせつにしてきた1番のこだわりです。

    ナイーブロゴ

    ナイーブのこだわり品質“植物性”をわかりやすく伝えられるよう、ナイーブのデザインを一新!

  • ナチュラルアミノから、さらなる進化

    2011年、ナイーブは、身体を洗うたびに失われがちな素肌のうるおい分・アミノ酸に着目。これを逃さずに、皮脂などの汚れ成分だけを取り去って洗うことができる、独自の成分「ナチュラルアミノ」を開発しました。

    今回、ナイーブが、新たに注目したのが、「サボン草」エキス。これは、ヨーロッパで古くから洗剤として利用されてきた植物で、さっぱりと洗い上がるのが特徴です。

    スキンコンディショニング成分

    ナイーブは、この2つの成分を組み合わせた「スキンコンディショニング成分」を全品に新配合し、ナイーブならではの“さっぱり洗えて、お風呂上あがりは素肌うるおう”、こだわりの洗い上がりを実現し進化しました。

    ※1 洗浄成分  ※2 ナチュラルアミノ(グリコシルトレハロース、アセチルグルコサミン)

    【復習】ナチュラルアミノとは?

    肌を洗った後、つっぱったような感じがした経験がある人も多いと思います。

    実は、カラダを洗うだけで、素肌のうるおい分である“アミノ酸”そのものが肌から流れ出てしまっていたのです!

    そこでナイーブは「ナチュラルアミノ」(天然由来うるおいケア成分)を8年かけて開発。

    この成分を配合することで、肌がもともと持っている肌のアミノ酸を逃さずに洗うことができるため、うるおいを保った状態で、汚れを取り去ることが、可能となりました。

  • 家族みんなで使える、愛される香り

    ナイーブは家族みんなで楽しく使っていただけるよう、「大人も子どもも大好き」な香りを届けることも大事に考えています。

    香りを長きにわたり研究してきたナイーブから、定番のラインナップに加え、今年、新しく登場したのがふんわりなごむ“せっけんの香り”です。

    新しく配合したサボン草エキスのチカラをより香りからも感じていただけるように“せっけんの香り”がラインナップに加わりました。サボン草は、古代から洗浄成分として使われ、その言葉は『シャボン』の由来にもなっています。

    今回はより香りを感じてもらいやすいようにパッケージをリニューアルしました。ナイーブの華やかなデザインを大きくボトル全体に表現し、ぱっと見て香りや商品の特徴が伝わりやすいことを大事にしました。また、店頭で手にとりやすい形のボトル形状を採用しています。

    家族の楽しいお風呂のコミュニケーションのお役に立てるよう、さまざまな方向から優しさと楽しさを追求し続けていきます。

    ボディソープ選びのポイント

    みなさんはボディソープを選ぶとき、なにをポイントにしていますか?

    当社の調査では、約3割の方がボディソープの銘柄選択の理由として“香りがよさそう”をあげました。

    主使用銘柄選択理由(ボディソープ主使用者)

    みなさんに愛される香りをお届けできるよう、これからもナイーブは香りの研究を続けていきます!

スキンケアブランド 「ナイーブ」のたいせつなこと。
さっぱり洗う!素肌うるおう♪

たいせつな家族の肌のことを考えて、ずっと変わらないこと。
それは、“洗う成分の100%が植物生まれ”という品質。そして、“さっぱり”とした、気もちのいい洗いごこち。
“植物性”にこだわりつづけて、今年20年目を迎えるナイーブに、新たに「せっけんの香り」が加わりました。
ずっと、もっと、家族みんなに愛されるボディソープでありたい。 その想いをたいせつに、ナイーブはこれからも歩みつづけます。

ナイーブ
ブランドサイトはこちら
掲載日:2013年3月1日