ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 「リエイジ」

暮らしのヒント

「リエイジ」

50歳の声を聞くころになると、疲れが翌日になっても抜けず、目がかすんできたり、手足のしびれ、むくみ、冷えなどが気になる人もいます。このような複数症状に悩みの方に向けた新ブランド『リエイジ』が2012年秋、誕生しました。

  • 目のかすみが合図

    「なんだか目がかすむ」 「腰が重だるい」…など、ひとつではなく複数のカラダの悩みを抱えていませんか?これらの症状は40歳前後から始まるといわれています。

    特に検査などでも異常としては認められないなどの不調を感じることが増えてきます。

    イメージ

    加齢によって、水分の代謝が落ち、むくみや腰痛、尿トラブルなどが起こりやすくなります。
    ただの不調だと思って、そのままにしておくと病気の原因になることも…

    「むくみ」にご注意

    加齢によって現れる体の変化には複数ありますが、水分代謝の低下による、余分な水分の蓄積などもあります。

    これは、むくみの原因や尿トラブルの原因の1つと考えらえています。

    特に男性は「むくみ」を見過ごしがち。靴下を脱いだ時、跡がくっきり残っているかたは、むくみのサインです。

  • 肝腎要?!ポイントは“腎”

    40歳前後から感じる加齢によるかすみ目や腰痛など様々な症状を漢方では「腎虚(ジンキョ)」による機能低下により起こると考えられているのです。

    漢方では人体の成長、発育、生殖機能など生命の活動を根源にかかわる機能を「腎(ジン)」と呼んでいます。
    そして、この「腎」が加齢とともに機能が低下した状態を「腎虚(ジンキョ)」といい、先ほど述べた様々な症状が起こるといわれています。

    腎虚

    「腎虚」は「腎」を補うことで、症状を改善することができるとの考え方があります。漢方薬メーカーのクラシエでは、この考え方に基づき、加齢による複数の症状を幅広くフォローできる医薬品「リエイジEX錠」を開発しました。

    腎を補いましょう

    腎の補養には、医薬品だけでなく、食養生もたいせつ。

    黒い食材(黒ゴマ、海藻、黒砂糖など)やカラダを温める食事を摂ることが良いとされています。

    イメージ

  • あきらめないで、続けてほしい…エイジングケア

    加齢による症状をなんとかしたいとは思っているものの、あきらめている人が多いと聞きます。
    「もう年だから、仕方がない……」「いくつもあってどうしたらよいかわからない」と困っている方のサポートができればと、私たちは考えます。

    続けることで、加齢によるかすみ目、腰痛など様々な症状が改善されていきます。これからも、日々の暮らしを健康で楽しく過ごせるよう、ぜひ、1か月を目安にお試しください。

    こんなに多い複数症状
「リエイジ」のたいせつなこと。
年齢を重ねることを前向きに捉えてもらいたい

何かをはじめるのに、遅すぎることは無いとよく言われます。年齢に関係なく多くのことにチャレンジできるよう、リエイジは基盤であるカラダの健康をサポートを続けます。

「リエイジ」
ブランドサイトはこちら

かすみ目、腰痛など複数の症状に効く!

掲載日:2012年11月01日