ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 ヘアケアブランド「いち髪」Vol.2

暮らしのヒント

ヘアケアブランド「いち髪」Vol.2

和草の力で、1本1本が絹のように艶やかで美しい髪へ……。予防美髪がコンセプトの「いち髪」シリーズから、高保湿ラインが新登場。そこには「いち髪」らしい、想いとこだわりがありました。

  • 髪の悩みをいち早くキャッチ! さらなる“予防美髪”の強化へ――

    「いち髪」は2006年の発売以来、日本人女性の髪質を徹底的に調査し、研究に取り組んでいます。

    最近の傾向として、“髪のパサつき”や“髪の広がり”など、髪の乾燥による悩みがますます増えていることが分かりました。パーマやカラー、それに紫外線など、現代女性の髪はさまざまなダメージ要因にさらされているのです。

    いち髪のシャンプーやコンディショナーにも、今まで以上に【パサつきの防止】【うるおい効果】が欲しいというご要望が、多く寄せられるようになってきました。

    “サラサラで指通りなめらかな髪”、“しっとりまとまる髪”という仕上がりの好みも考慮し、予防機能を「摩擦を軽減させる(従来のライン)」と「乾燥を防ぐ(新ライン)」という2つのアプローチで新商品の開発を進め、いち髪の“予防美髪”のさらなる強化を目指しました。

    そして、2012年秋、枝毛など、深刻なダメージの原因となる乾燥を予防することを目的とした、髪と地肌のダブル保湿で、しっとりまとまる髪に仕上げる「濃密W保湿ケア」ラインが誕生したのです。

    2つの予防

    髪のパサつき、広がりが気になる方は、「濃密W保湿ケアライン」
    枝毛などの深刻なダメージとなる乾燥を予防。芯までうるおって、しっとりまとまる髪へ導きます。

    髪のからまり、ゴワつきが気になる方は、「なめらかスムースケアライン」を。
    髪表面をなめらかに整えて、摩擦を軽減することでダメージを予防。毛先まで指通りなめらかなサラサラ髪へ導きます。

    どちらもシャンプーはノンシリコン処方。

    濃密W保湿ケアライン なめらかスムースケアライン

  • 古来より受け継がれる「和草のちから」をたいせつに

    「いち髪」の特長でもある「和草のちから」は、新商品を開発する上で、重要なポイント。新たな「和草のちから」を求めて、日々、研究を重ねています。

    今回の「濃密W保湿ケア」ラインで新しく採用したのは、「あんず油」と「茶花エキス」。

    あんず油は、保湿効果が高く、紫外線ダメージなどから髪を守る効果もあると言われています。また、茶花エキスは、お茶の花から抽出されるエキス。髪を健康な状態にするには、地肌のケアもたいせつ。そこで地肌にうるおいを与え、健やかにする、と言われていることから、採用されました。

    日本に古くからある、あんずとお茶の成分が、髪と地肌をダブルで保湿します。

    「なめらかスムースケア」ラインには、指通りUP成分として「赤米エキス」を新配合。
    米由来成分に、さらに「赤米エキス」(※1)を配合することで、お米のちからを発揮し、さらに指通りのなめらかさをUPさせました。

    古来より受け継がれる「和草のちから」をたいせつに、これからも「和草のちから」を探し続けます。
    ※1 赤米エキス:コメエキス

    上品な香りが続きます

    「濃密W保湿ケア」ラインは、いち髪らしい上品な桜の香りに、濃厚感のあるあんずの香りをブレンド。ほんのり甘く、華やかな香りです。

    「なめらかスムースケア」ラインは、より清々しい山桜の香りに。

    イメージ

  • シャンプーの泡やコンディショナーにもこだわりを

    お悩み別に選べる2ライン。洗うシャンプーの泡にもこだわりの違いが!

    「濃密W保湿ケア」ラインの泡は、もっちりとしたしっとり泡。
    「なめらかスムースケア」ラインの泡は、ふんわりとした軽い泡。

    仕上がりと予防の考え方から、洗っている時の感触が違っていますが、どちらも“弾力がありキメが細かい泡”で、地肌と髪をやさしく洗い上げます。

    「濃密W保湿ケア」ラインのコンディショナーは、ダメージで失われた髪内部を補修し、髪と地肌の両方にうるおいを与え、芯までしっとりまとまる髪に仕上ます。「なめらかスムースケア」ラインのコンディショナーは、はがれやすいキューティクルをしっかり閉じて、髪表面をなめらかに整えることで、摩擦を予防し、手触りのよい髪へ導きます。

    さらに健康的でまとまる、美しい髪へ……。
    日本女性の髪のために、「いち髪らしいこだわり」で、進化しています。

    日本の伝統色

    「濃密W保湿ケア」ラインのパッケージは、日本の伝統色「さんご色」を採用しました。

    さんご色は日本人の黒髪に、よく合うことから、昔から髪飾りやかんざしに、よく使われていた色です。

    昔から日本女性の美しさを引き出してきた色で、バスタイムも華やかになるようなデザインパッケージに仕上がりました。

    さんご色イメージ

ヘアケアブランド「いち髪」のたいせつなこと。
『一髪、二姿。』(いちかみ、にすがた)

『一髪、二姿。(いちかみ、にすがた)』 それは、日本女性の身だしなみの心得として語り継がれてきた言葉。 髪は、その人の内面を写す鏡であり、髪が美しい人は、心身ともに美しい女性とされていました。
まず第一に髪のこと。

いち髪は、日本女性の美しさを引き出すために、日本女性の髪質を研究し、商品を開発しています。

「いち髪」
ブランドサイトはこちら

「きれいをつよく。」 新しくなったいち髪をぜひご覧ください!

掲載日:2012年09月03日