ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 夏バテに「漢方薬」を

暮らしのヒント

夏バテに「漢方薬」を

夏の蒸し暑さが続くと、胃腸の機能が低下し、体のだるさや、疲れ、食欲不振やめまいなどの症状が起こる「夏バテ」にお悩みの方が増えてきます。最近では冷房の使いすぎや冷たい飲食物の摂り過ぎで、胃腸機能が低下している方も多く、夏バテは暑さだけが原因ではないようです。漢方薬は、カラダ全体の不調を整えるお薬。今回は、この時期に多い消化器の不調を改善する漢方薬をご紹介します。

  • カラダも「湿」でジメジメしてる??

    日本の夏は、気温の高さだけでなく、湿度も高いことが、カラダの不調を引き起こしやすくしています。

    かぜを漢字で「風邪」と書くワケ』で、風邪(フウジャ)についてお話いたしましたが、漢方では、気候の変化が原因で病気になる場合、その原因となる病邪(病の邪気)が、6つあると考えられています。

    厄介なのは、「湿」が原因で起こる症状。この時期、押し入れや部屋の中が、湿気でジメジメしているように、カラダも「湿」の影響をうけます。

    「湿」は、重いという性質をもっているため、カラダが重だるい、手足や頭が重いなどの症状があらわれます。

    湿邪の影響を一番受けるのが、胃腸などの消化器官。食欲がおち、消化も悪くなるため、カラダ全体に栄養が行き渡らないため、水分代謝も落ちて、むくみが起こります。

    女性がお悩みの下半身のむくみは、重いという性質をもっている湿邪が原因で起こる症状とされています。

    近年では、さらに長時間冷房の中にいることが多いため、身体が冷え、消化機能を低下させてしまうことも夏バテをおこしやすくなっています。

    「夏バテ」って何?

    「夏バテ」は、「夏に疲れ果てる」が短くなって「夏バテ」と呼ばれるようになったそうです。

    夏の蒸し暑さによる不調は、夏バテ以外にも「夏負け」「暑気あたり」などと呼ばれています。

    夏のこの時期は、蒸し暑さの邪気(暑邪[ショジャ])、湿度の邪気(湿邪[シツジャ])、熱さの邪気(火邪[カジャ])が、様々な症状を引き起こしいます。

    暑邪 火邪 湿邪

  • 夏バテに漢方薬を

    夏バテ解消には、まず、胃腸を元気にすること。
    弱っている胃腸の状態で、焼き肉などでスタミナをつけようとしても、かえって逆効果です。

    疲れている胃腸を元気にするためには、まず胃腸をあたため、水分代謝や消化機能を高めることで、カラダ全体に栄養を行き渡らせ、代謝をUPさせます。

    この時期に多い消化器の症状に効く漢方薬は、いくつかありますが、どれもカラダをあたためる生薬が配合されています。

    補中益気湯エキス錠クラシエ[48錠][第2類医薬品]
    補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

    補中益気湯エキス錠クラシエ[48錠][第2類医薬品]

    元気がなく胃腸の働きが衰えて疲れやすい方の疲労倦怠、食欲不振などに効果があります。

    胃苓湯エキス錠クラシエ[36錠][第2類医薬品]
    胃苓湯(イレイトウ)

    胃苓湯エキス錠クラシエ[36錠][第2類医薬品]

    水瀉性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少の症状を伴う人の冷え腹、腹痛、急性胃腸炎、暑気あたり、食あたりに効果があります。

    カッ香正気散料エキス顆粒クラシエ[45包][第2類医薬品]
    カッ香正気散(カッコウショウキサン)

    カッ香正気散料エキス顆粒クラシエ[45包][第2類医薬品]

    胃腸がもともと弱い体質で、冷房などにより体調がくずれて発熱する、いわゆる夏かぜ、また暑いさかりに清涼飲料水・果物・生ものの摂取により、胃腸が冷やされ、その機能が一層低下しておこる下痢・食欲不振・全身倦怠などに効果があります。

    「クラシエ」漢方六君子湯エキス顆粒[45包][第2類医薬品]
    六君子湯(リックンシトウ)

    「クラシエ」漢方六君子湯エキス顆粒[45包][第2類医薬品]

    胃腸の弱い方で、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れ易く、貧血性で手足が冷えやすい方の胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐に効果があります。

    夏バテで食欲がなくなるワケ

    冷たいものの摂りすぎなどで、胃が冷えて弱ってしまうと、胃が緩んで下がるため、胃の入り口が狭くなり、腸に胃の中のものを押し出す力も弱くなります。消化機能が低下していることから、食欲が落ちてくるのです。

    夏バテ時胃のイメージ

    こんな時は、服装に気を使ったり、胃腸を温める漢方薬を服用することで、胃腸が元気になり、食欲が沸いてきます。

    元気な胃のイメージ

    冷たいものは、ほどほどに。
    夏バテしないカラダづくりを心がけましょう!

  • 夏の健康対策

    暑いと、ついつい冷たいものが欲しくなりますが、夏でも温かいものを食べると胃腸の負担が少なくすみます。

    なまものや冷たいものを食べないのは、“衛生面を考慮して”ということもありますが、カラダを冷やさないという考え方に則っています。

    日本では、夏の代表的な食べ物として、「冷や奴」や「そうめん」など冷たい食べ物が一般的ですよね。しかし、「冷や奴」や「そうめん」はねぎや生姜など、薬味を一緒に食しませんか? これらの薬味食材は、カラダを温めてくれます。冷たい食べ物に薬味を用いることで、バランスをとっているのです。

    その他、夏の旬のもの(にがうり・枝豆・ナスなど)をおいしくいただくことも、食養生のひとつ。

    夏でも、冷房などで、カラダは、冷えています。暑さや・湿気だけでなく、冷え対策もしっかりと。

    太陽の陽気をいっぱいカラダに取り入れて、健やかに夏を過ごしましょう。

    冬病夏治(トウビョウカジ)

    漢方では、冬の病気は夏に治すという「冬病夏治」という考え方があります。

    逆を辿れば、夏、健康的に過ごすことができれば、冬も健康的に過ごせる、ということになります。

    田畑の作物が夏に元気いっぱいに育つと、秋は実りある収穫を迎えることが来ます。

    人間のカラダも自然と同じなのです。

    イメージ

夏バテ対策にたいせつなこと。
食生活は環境の変化にあわせてえらぶ。

日本人の生活環境も時代と共に変化してきました。クラシエの漢方も現代ならではの症状に広く対応できる商品を取り揃え、健やかな暮らしをサポートできるよう努めていきます。

ブランドサイトはこちら

「私にぴったり」の漢方薬が見つかる、クラシエ薬品の漢方薬シリーズ「漢方セラピー」。

掲載日:2012年08月01日
2016年6月15日更新