ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品「歯みがきガム」

暮らしのヒント

歯みがきガム

たくさんの種類のチューインガム(以下ガム)が、出回っている中、根強い人気なのが、1995年発売の「歯みがきガム」。“ガムで手軽に歯をみがいた気分になれる”その理由に迫ります!!

  • こだわりは“噛み心地のよさ”

    歯の健康のためには、日々のオーラルケアがたいせつ。

    とはいえ、外出先や多忙により、歯をみがくタイミングを逃してしまうことも多いようです。

    そこで歯を磨きたいのに磨けない、というシーンで「ガムで、歯をみがいた気分になれないか?」との開発者の想いから誕生したのが、「歯みがきガム」です。

    1番こだわったのが「ガムの硬さ」。
    歯と歯ぐきをマッサージするための弾力性のある噛み心地と、ある程度の時間、噛み続けていても、硬さが変わらないようなガムベースを開発しました。

    長く噛むことは、口内環境を整えるのに必要な、唾液の分泌が促進されることもあり、最も重視したポイントだったのです。

    『差し歯、入れ歯でもOK!?』

    ガムは、歯に付いて、詰め物などが取れてしまう……とご心配な方もいらっしゃるのでは?

    歯みがきガムは、当社独自設計のオリジナルガムベースを採用しているので、差し歯や入れ歯をご使用の方でも、安心して噛むことができます。

    歯に付きにくいことにもこだわった「歯みがきガム」です。

  • ヒミツは、ワサビ由来の成分

    「歯みがきガム」は、噛み心地の良さに加え、お口健康サポート成分“ワサデント(※1)”を配合しています。

    ワサデントは、ワサビの辛み成分(ITC:イソチオシアナート)由来のオーラルケア素材。

    ワサビ由来の成分ですが、ワサビの辛味はありません。

    ペパーミントベースのマイルドミント味で、歯みがきをした後のような爽快感を得ることができます。

    “ガムで歯をみがいた気分になりたい!”という、皆様の声により近づいた商品になりました。

    ※1:ワサデントは、小川香料株式会社の登録商標です

  • 包み紙の“うんちく”にも注目

    歯の健康に対する意識が高まっている今、ちょっとした歯に関する情報を皆様に提供できないか?ということで、ガムの包み紙に、歯みがきガムと歯に関する“うんちくを”掲載しています。

    歯科医師監修による“うんちく”が、全部で15種類!

    例えば、

    『リンゴを食べるときには、約20kgの力がかかっている』
    『宇宙では気圧が低いため歯の内部の圧力が高まり、虫歯が地上より痛む』
    『ストレスをためると唾液の分泌が減少するため、虫歯になりやすい』


    など、意外と知らなかった歯に関する“うんちく”を見ることができます。

    友人やお知り合いの方に伝えることで、歯に関する意識の高まりが、どんどん広がっていくと嬉しいですよね。

「歯みがきガム」のたいせつなこと。
歯みがきガムは、お客様から寄せられる貴重なご意見を基に改良を続けて参りました。今後も皆様のお声を反映させながら、長く愛される商品を目指して参ります!
 
商品詳細はこちら

 

最終更新日:2014年3月3日
掲載日:2011年4月1日