ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品(2008/12)

暮らしのヒント

もっと知りたいKracie商品 「かぜの季節におススメの商品」の巻

これからのシーズンを健康に過ごすには、かぜをひかないようにすることが大切。もし、ひいてしまっても、漢方薬を上手に使って、症状を軽くすることができます。今回は、かぜのメカニズムと漢方薬の効果的な使い方を聞いてきました。

40代主婦 蒲公英よしこが担当者に直撃! 「クラシエの漢方 かぜシリーズ」担当・毛利さやかさんに秘話を直撃!

カラダが冷えるとかぜをひく!?
よしこ

気温がぐっと下がって、私の周りにもかぜをひいている人が増えてきました。寒い日が続くと、かぜをひきやすくなりますよね?

毛利

かぜの多くは、ウイルスによる感染により引き起こされますが、抵抗力の弱っている時もかぜをひきやすいとも言われます。
抵抗力は「過労」「睡眠不足」「ストレス」などの他に「冷え」でも低下してしまいます。ですから、冬はかぜをひきやすいんですよ。特にみなさん忙しい"師走"は、要注意ですね。

よしこ

なるほど。

毛利

サラサラとした鼻水が出るのは、カラダが冷えたサイン。体内の水分代謝がうまく行われないため、余分な水分が鼻水として出てしまうんです。

よしこ

だから、鼻水が止まらなくなるんですね。

毛利

このような症状には、カラダを温めて、体内の水分代謝を促進する漢方薬「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」が効果的です。

よしこ

私、かぜには「葛根湯(カッコントウ)」だけだと思っていました。

毛利

葛根湯は、カラダの冷えによる免疫力の低下でウイルスが体内に侵入した際、熱っぽいけど、背中がゾクゾクする初期のかぜに効果的。カラダを温め、発汗作用によりカラダの熱を下げていきます。

よしこ

なるほど。時期だけではなく、症状によっても飲む漢方薬は違ってくるんですね。

毛利

漢方は、カラダの悪い所をピンポイントで治すのではなく、カラダ全体の調子を整えることで、症状を治していくという考え方なので、症状やタイミング(かぜの「初期」か「後期」)を意識して、漢方薬を飲み分けることで大きい効果があるんです!

よしこ

飲み分けが大事なんですね!!

毛利

症状に応じた漢方薬は、WEBサイトやドラックストアで配っている冊子でも解説していますので、参考にしてください。

よしこ

はい!

毛利

でも、1番大事なことは「かぜの予防」です。

よしこ

疲れを貯めないで、カラダを冷やさないことですね?

毛利

特に首を冷やさないことがポイントです。漢方の考え方で、「首の裏にかぜ(風邪<フウジャ>)が入ってくる門がある」と言われているので、首をショールやマフラーなどでガードしているだけでも大分違います。

 
よしこ

かぜは、首の後ろから入ってくるって考え方、初めて聞きました。

 
毛利

カラダの外側だけでなく、内側から温めることも忘れずに。おススメの健康食品は、「しょうが湯」や「葛湯」。しょうがや葛は、カラダを温める成分が含まれているので、カラダが冷えたな、と感じたときに飲んで頂くと、ポカポカと温まってきますよ。今日は新発売の「クラシエしょうが葛湯」をお持ちしましたので、召し上がってみてください。

 
よしこ

しっかりとろみがついていて、カラダがホっと温まります。

 
掲載日:2008年12月01日
2016年8月1日更新