ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 ヨクイノーゲンBC錠

暮らしのヒント

ヨクイノーゲンBC錠

今注目の「ヨクイニンタブレット」シリーズに、ビタミンにヨクイニンがプラスされた仲間がリニューアルして登場。肌本来の美しさは、正しいターンオーバー(新陳代謝)が基本です。「ヨクイノーゲンBC錠」は、にきびや肌あれに効果的な「ビタミンB2、B6、C」に「ヨクイニン」を配合。ビタミンと生薬2つの素材が、ストレスや生活環境の変化で、肌トラブルに悩む女性の肌を内側から改善に導きます。その働きとは・・・

  • 症状に合わせて選べる「ヨクイニンタブレット」シリーズ

    健康な肌とは、以下のような状態を言います。

    • ① 代謝(ターンオーバー)が正常に行われていること
    • ② 角質の潤いが保たれていること
    • ③ 肌のハリや弾力を保つ成分を作る細胞が機能していること
    • ④ 血行がよいこと

    ストレスや外的要因によって上記に問題が生じると、にきびや肌あれなど、さまざまな症状があらわれます。

    ヨクイニンは、肌の新陳代謝を正常化させることで注目の生薬。この生薬ヨクイニンエキスを1,500mg配合したヨクイニンタブレットは、肌のターンオーバーの乱れを整え、いぼ、肌あれに効果があります。

    そして、このヨクイニンタブレットシリーズに新アイテム「ヨクイノーゲンBC錠」が加わりました。くりかえすにきびや肌荒れが気になる方、お肌の栄養が足りていない方に適したにきび・肌あれを緩和してくれる医薬品です。

    ぶつぶつしたいぼが気になり始めた人は「ヨクイニンタブレット」、にきびや肌荒れに悩んでいる人は「ヨクイノーゲンBC錠」、肌の症状に合わせてお選び下さい!

    「ヨクイニン」について詳しく知ってる?

    ヨクイニンは、肌の角質の新陳代謝を正常化させ、いぼとりや肌を滑らかにする効果で、今注目を集めている生薬です。
    このヨクイニンは、ハトムギの種皮を除いた種(たね)のことで、古く江戸時代から民間薬として愛されてきました。近年の研究では、抗炎症作用や抗酸化能、抗アレルギー作用などが報告されており、様々なシーンで利用されています。潤いのある肌を目指す女性にとって、見逃せない生薬ではないでしょうか。

  • くりかえす大人にきび、肌あれに医薬品「ヨクイノーゲンBC錠」

    にきびとは、毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が繁殖して炎症が起きている状態のことを言います。また、肌あれは肌の代謝の乱れが起きている状態。20代後半から30代は、疲れやストレスが肌にでやすいと言われ、大人にきびをくりかえす人も多くいます。

    「ヨクイノーゲンBC錠」は、皮膚や粘膜を健全に保つビタミンB2、B6、さらにコラーゲンの生成を助け、肌を強くするビタミンCに生薬ヨクイニンを配合した医薬品です。ビタミン剤と、ヨクイニンの働きにより、肌のケアに高い効果が期待できます。

    ヨクイニンの購入者は「いぼ」の経験率が高い

    ヨクイニン購入者は、いぼの経験率が78.4%

  • 毎日続けられるようにタブレットに込めた思い

    「ヨクイノーゲンBC錠」は、水なしで飲めるビタミンCの酸味があるシュガーフリーのチュアブル錠。持ち歩いて気軽に服用できるので飲み忘れの心配が少なくなるかもしれません。毎日続けて飲んで欲しいという想いが、ぎゅっとつまったタブレットです。

    このたび「ヨクイノーゲンBC錠」を、ヨクイニンタブレットシリーズとして仲間入りするため、パッケージをリニューアル! 20代、30代の女性が手に取りやすい、上品で若々しいピンク色をベースに生薬ヨクイニンのイメージをあしらい、効果が一目でわかるデザインになりました。
    お試しサイズの小容量タイプはパウチ包装化なので、持ち運びにも便利に。
    細部にまでこだわった「ヨクイノーゲンBC錠」の大容量は210錠入り。カラダの内側から、にきびや肌あれが緩和されるのを期待して下さい。

『ヨクイノーゲンBC錠』のたいせつなこと。
飲んで肌ケア、カラダの中から肌全体を整える

漢方では「肌は内臓の鏡」と言われるくらい、カラダの調子が現れる部分であると考えられています。クラシエのヨクイニンタブレットシリーズとして、この考えのもとで健康な肌をつくるお手伝いをしたいと考えています。
ヨクイノーゲンBC錠はこのような考え方のもとでつくられたビタミン剤です。
カラダの水分と熱のバランスを整える生薬ヨクイニンと、細胞に必須なビタミンで、くりかえすにきびや肌あれを治すために必要な力を与えます。
効果を実感していただける、安心して服用していただける商品をお届けできるよう、これからも努力してまいります。

ブランドサイトはこちら
掲載日:2017年4月28日