ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品(2007/09)

暮らしのヒント

もっと知りたいKracie商品 クラシエの漢方 かぜシリーズの巻

「かぜ」といっても症状、進行に応じて処方が違います。症状に応じて漢方薬を選び、かしこくかぜを撃退しましょう! 漢方薬なら、食前に飲めてねむくなりにくい! - よしこ 韓流大好き! 健康を常に意識している40代主婦

40代主婦 蒲公英よしこが担当者に直撃! 病気によって崩れたカラダのバランスを整え、回復へと導く「クラシエの漢方 かぜシリーズ」を開発した西村英徳さんに開発秘話を直撃!

かぜの「はじめ」と「おわり」にクラシエの漢方 かぜシリーズ
よしこ

秋口は油断すると、よくかぜをひいてしまいますよね。子どもの頃かぜをひくと母に葛根湯を飲まされました!

西村

かぜの症状もいろいろあります。
かぜのひきはじめには、さむけ・肩こり・のどの痛み・鼻の症状などが現れます。このようなかぜのひきはじめに葛根湯を服用するのが有名ですが、実は葛根湯以外にもかぜのひきはじめに「のどの症状」や「鼻症状」に適した薬があるのをご存知ですか? かぜの症状に合わせて薬を選んだり、かぜの症状の「進行」に合わせて薬を選ぶことが、かぜの症状を治すコツと言えます。

クラシエの漢方 かぜシリーズは症状にあわせて6種類から選べるんですよ。漢方薬を使い分けて賢くかぜの症状をケアしましょう!

よしこ

6種類ですか!? 詳しく教えてください。

 
西村

まず、かぜのひきはじめの症状のケアについて紹介いたします。

かぜのひきはじめはさむけ、鼻水、のどの痛みなどの症状がよく見られ、比較的体力がある状態といえます。漢方薬は抵抗力を高めてくれる特徴を持っていますので、かぜの症状に合ったもので早めのケアをオススメいたします。

さむけには「葛根湯(カッコントウ)」が有名ですね。ゾクゾクッときた体を温めて治癒を早めます。そして、かぜで鼻水が出る時には「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」。のどが痛いなぁというかぜには「銀翹散(ギンギョウサン)」の出番です。

 
よしこ

すごい! 症状に合わせて選べば、上手に悪化を防げるんですね。
かぜの後期にはどんなお薬があるんですか?

西村

かぜの後期症状のケアもあります。

かぜの後期は体力が低下しています。漢方薬はかぜで弱った体を優しくケアし、治癒力を高めてくれる特徴も持っています。かぜをひいて、腹痛や吐き気、下痢に悩まされた経験はありませんか?

そういうときはお腹の調子を整える「柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)」の出番。黄色いタンが出てせきこんだら、「五虎湯(ゴコトウ)」が効きます。こういう症状のときって汗をかくほどせきが出たりしますよね。ここで体力が奪われると、回復が遅くなってしまうんです。そしてこみあげるようなせきが続いてしまうときは「麦門冬湯(バクモンドウトウ)」です。

 
クラシエの漢方 かぜシリーズの「かしこい」かぜの治し方
よしこ

私はかぜが治りにくい体質なんだと思い込んでいました。それは薬を症状に応じて選んでいない可能性があったのですね。

 
西村

症状にあわせたケアができるのが漢方薬のいいところです。カラダ本来の持っている回復力、免疫力をサポートするので、負担をかけずに快復へと導くのです。眠くならず、胃にやさしいことも漢方かぜ薬の特徴です。でも、寝込むほど悪化してしまったら病院に行ってくださいね。

よしこ

6種類からうまく選んで今年はかぜに悩まされずにすみそうです。でも、名前が覚えられるかしら・・・

西村

名前を覚えなくても大丈夫ですよ! どんな症状に効くのかパッケージにわかりやすく表示しています。薬局・薬店で相談されてもよいですね。

よしこ

なるほど! わかりやすいですね。

詳しい商品情報はこちら
掲載日:2007年09月03日
2016年8月1日更新