ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 知育菓子(R)ポッピンクッキン

暮らしのヒント

知育菓子(R)ポッピンクッキン

お菓子を楽しく作りながらおみせやさん体験ができる「ポッピンクッキン」も去年で誕生から10周年! 
この春からは新しい仲間が加わり、パッケージやロゴもリニューアルしました。もっと楽しんでもらいたいという想いから、進化し続ける知育菓子(R)シリーズ。子どもたちの「ワクワク」する気持ちを“もっと”引き出すために、「ポッピンクッキン」に込めた想いとは・・・。

  • 見た目だけじゃない!「リアル」へのこだわりとは?

    「ポッピンクッキン」の最大の魅力は、おみせやさん気分で料理を楽しめるところで、ごっこ遊びや大人になりきって楽しみたいという気持ちにこたえられる“知育菓子(R)”です。
    見た目の「リアル」さはもちろん、作る過程で本当におみせやさん体験ができるように、とにかく「本物そっくり」に作ることができるように追求、進化しています。
    新商品を検討する際は、この「リアル」さの魅力をお菓子で伝えるにはどうしたらいいかを、とにかく考えつくします。
    「たのしいおすしやさん」では、マグロの色や模様だけではなく、シャリにのせたときのしなり具合まで、「くるくるたこやき」では、味もたこやきそのもの!になるように、また、くるっとひっくり返す動作まで本物そっくりにできるように再現しました。
    本物そっくりなお弁当が作れて人気な「つくろうおべんとう」では、パンダとタコウインナーの顔が新しくリニューアル。レアなウィンクしたパンダ型も追加し、遊び心も忘れません。

    2011年、YouTubeに「たのしいおすしやさん」の作り方をアップしたことがきっかけで、海外にも「ポッピンクッキン」が広く知られるようになりました。観光客の方のお土産や、大人が楽しめる日本を代表するお菓子の一つとしても紹介されています。昨年からは、韓国、アメリカ、中国にも一部商品の輸出を開始しました。世界の子どもたちにも日本らしいメニューを「作る楽しさ」をともに届けられたらいいなと考えています。

    リニューアルした「ロゴ」に込められた想い

    魅力的なメニューでいろいろな料理やおみせやさんの体験ができるのが、「ポッピンクッキン」。このブランドを、よりたくさんの子ども達に伝えたいという想いから、今回、ロゴマークをリニューアルしました。
    調理器具のイラストと「ポッピンクッキン」のロゴを組み合わせて、どんなことが出来るかを分かりやすく、全商品の分かりやすい場所に大きく見せる配置にしました。

    「ポッピンクッキン」ロゴ

    お店で商品を見つけたときは、ぜひロゴマークにも注目してみてくださいね☆

  • 4種類のメニューが楽しめる「たのしいおまつりやさん」が新登場!

    この春「ポッピンクッキン」はさらにワクワク・ドキドキできる商品に生まれ変わりました。今まで人気の全商品のパッケージをリニューアルして、さらに新商品も追加!手作りの楽しさと感動、そしてより本物そっくりのリアルさがパワーアップしました。

    新商品「たのしいおまつりやさん」では、人気のおまつりメニュー「とうもろこし2本」「チョコバナナ3本」「ポテト1セット」「りんごあめ2本」が作れ、おまつりを思い切り楽しむことができます★作れるバラエティの多さも魅力の一つ!

    「チョコバナナ」はバナナのもとで作ったお菓子に、チョコをつけて、トッピングする、おみせやさんの作り方まで再現!味も見た目も、作り方も、おみせやさんになりきって楽しめます。「とうもろこし」は、ひと粒ひと粒にこだわった“つぶつぶ”が特徴。ソフトキャンディでつくる「とうもろこし」は感動のリアルさです。

    実はここだけの話ですが、こだわりの「とうもろこし」には秘密が・・・。
    開発当初、お餅やさくさくしたパフを使ってとうもろこしを作る案があり、検討もしていましたが、本物そっくりにこだわった結果、現在のソフトキャンディと“つぶつぶ”を使った作り方に辿り着いたのです。

    「たのしいおまつりやさん」では、このように、とうもろこしのつぶつぶや、りんごあめのつやつや感など細かいディテールを再現することに徹底的に追求しました。作っているときの楽しさと驚きを大切にして、本物そっくりな色や質感を再現するための、作りやすいトレーを設計することも重要なポイントでした。

    本物をよく観察しているからこそ再現できるリアルさへのこだわりをぜひ、体験してください!

    かわいいだけじゃない!第一印象が勝負のパッケージ

    「ポッピンクッキン」ではファーストインプレッションが大切なパッケージにも大きくこだわっています。
    子どもたちに“なにができるお菓子なのか”、さらに“作って楽しいポイントはなにか”を分かりやすくアピールするにはどうしたら良いかを常に考えています。
    パッケージの“そっくり”なお菓子も実際のお菓子やお料理を参考にして、よりおいしそうに見せる工夫をしています。
    パッと見たときに目に留まるパッケージは、かわいいだけではなく、作る側の想いもたくさん詰まっているのです。

    パッケージ

  • 手作りお菓子で家族とコミュニケーションを

    「ポッピンクッキン」など知育菓子(R)が大切にしていることは、子どもたちの豊かな創造力を育むこと。好奇心がいっぱいで、大人やおみせやさんになりきって楽しみたい、手作りの楽しさを体験したいなど、子どもが興味を持っているものを徹底的に調査して、楽しく作れるお菓子を開発しています。

    近年、消費行動が「モノからコト」へ移り変わっていると言われるようになりました。その背景もあり、親子や友達と一緒にコミュニケーションしながら“作って楽しめる手作りお菓子”の市場も盛り上がりを見せています。

    共働きの家庭や習い事が多く忙しい子どもが増えている中で、コミュニケーションツールとして手作りお菓子を使っていただければと私たちは考えています。

    さらに保存料・合成着色料を一切使用していないことも大きな特徴。食の安全が問われることも多い今、ご家庭でもおなじみの安全な成分や赤キャベツなどの野菜やクチナシの色素など、安全が確認されている着色料のみを使用しています。

『知育菓子(R)「ポッピンクッキン」』のたいせつなこと。
子どもでも『安全に』『簡単に』『楽しく』!!

「ポッピンクッキン」は、大人やおみせやさんになりきって楽しみたい、手作りの楽しさを体験したいなど、子どもが興味を持っているものを徹底的に調査して開発した、楽しく作れるお菓子です。「楽しさ」「作りやすさ」の感覚が、子どもの感覚とずれないように感覚・感性を磨くことが大切だと考えています。子どもでも失敗せずに作ってもらえるよう作り方にもこだわっています。
できるだけ簡単に作れるようにしていますが、お菓子を作り始める前に一度、商品の外箱、外袋に記載した作り方をお子様と一緒に読んでみてください。これが、より上手に作っていただくコツですよ!「安全・安心」に食べて頂ける、家族みんなが心から楽しめる、そんな商品づくりを目指しています。

ポッピンクッキン
ブランドサイトはこちら
掲載日:2017年4月3日

Copyright (C) Kracie Holdings,Ltd. All Rights Reserved.