ホーム > 暮らしのヒント > もっと知りたい!クラシエ商品 きっと、もっと好きになる!クラシエ商品

暮らしのヒント

「きっと、もっと好きになる!」クラシエ商品

2017年の「もっと知りたい!クラシエ商品」では、
クラシエの商品やブランドなどを幅広くご紹介してきました。
そして2018年、年初めとなる今回はお客様から根強い人気を誇る商品の中から
WEB担当者イチオシの商品をご紹介します。
この商品を知れば、もっとクラシエ商品が好きになる?!

旅の宿 自宅にいながら温泉気分が楽しめる入浴剤

温泉をテーマにした入浴剤「旅の宿」が発売されたのは1986年。実は30年以上も続くロングセラーブランドです!お客様からは「子どもの頃から使っていて、母になった今は子どもと使っています!」という声をいただくこともあります。

そこで、今回は世代を超えて愛され続けている旅の宿との思い出をご紹介。
ご家族との何気ない会話や毎日の「ほっ」とできる特別な時間にもなっているようです。皆さんも今晩は旅の宿で体も心も温まるような時間を過ごしてくださいね☆

お客様の声
田舎のお祖母ちゃん家は入浴剤が旅の宿でした。海からあがりお風呂に直行するとお祖母ちゃんが入浴剤いれよ〜、って言うやりとりがありました。些細ですが今では懐かしい思い出です。[30代 女性]
結婚し家を出るまではよく母と一緒にお風呂に入っていました。家族で旅行に行ったことはほとんどありませんでしたが、「旅の宿」で温泉気分を味わうのがとても楽しかったです。お湯の色や香りでその温泉がどんなお湯なのか想像を膨らませ母といつか行きたいねと話していました。定年後旅行に行きたがっている父と母を温泉に連れて行ったのはまだ一回だけなのでまた連れて行ってあげたいなと思っています。[40代 女性]
Message from Kracie
温泉には、疲労回復や美肌などの肉体的な効果効能以外にも、色や香り、周りの景色などの情緒的な要素から精神的な安らぎを得ることもあるのではないでしょうか。
旅の宿は、そんな「温泉気分で健康入浴」を自宅で味わってもらいたいという”日本人の心“をとらえた温泉タイプの薬用入浴剤です。日本独自の「温泉」について研究をかさね、温泉に入ったあとの肌のつるつる感や温泉に入ったときのリラックス感の秘密など、機能と情緒を追求し続けている入浴剤です。各地の温泉の特徴によってシリーズになっている商品ラインナップにも注目してください。日本ならではの温泉風景を表現したパッケージに込められた想いなどもぜひチェックしてくださいね。

ゆずシャーベット さわやかなゆずシャーベットと濃厚な味わいのオレンジソースの組み合わせ

夏はアイスがおいしい季節ですが、冬の暖かい室内でも無性に食べたくなることはありませんか? アンケートによると、アイスは、おやつや食後のデザートとして食べたり、お風呂上がりに食べたりする人が多いことがわかりました。

アイスを食べたいときはいつですか?

たんぽぽ*調査隊 vol.62(実施期間: 2016/5/15〜2016/5/31  回答数:1,501名)

そこで、今回はクラシエ自慢の一品“ゆずシャーベット”をご紹介します♪
季節を問わず人気のある「ゆず」の果汁を使用したゆずシャーベットはこだわりがたくさん。

なんといっても1番のこだわりは味!爽やかなゆずの風味に、アクセントとしてオレンジソースとピール(果皮)を入れています。そして、絶妙な口当たりのなめらかさもポイント。なめらかなシャーベットにオレンジソースを絡ませながら食べる、ゆずの酸味とオレンジソースの甘みがマッチしたおいしさは、他にはない味わいです☆

また、シャーベットに使用しているゆず果汁は「高知県 土佐山産」のもののみ。
日本一の生産量を誇る高知県の中からさらに産地を限定した、こだわりの国産ゆず果汁を使用しています!

おやつにもおすすめですが、みずみずしく爽やかなゆずとオレンジの香り豊かでなめらかな味わいのシャーベットはお風呂上がりや味の濃い食事の後のデザートなどさっぱりしたいときにもピッタリです。

お客様の声
ゆずシャーベットがクラシエの商品だと最近気がついたのですが、凄く美味しいです。クラシエというと、漢方薬とか、ねるねるねるねといったおやつを思い浮かべるのですが、今私の中では一番がアイスです!本当に美味しいです。[40代 女性]
最近毎日食べてます!さっぱりしてゆずの香りが心地よい。家族みんなが大好きなアイスです。お客様にもデザートに出すと大変喜ばれます。[40代 女性]
しゃりしゃりとしてゆずのさっぱりした味が大好きでこの時期いつも我が家の冷凍庫に入ってます。[50代 女性]

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) ストレスからくる「のどの違和感」や「不安な気持ち」

心身のちょっとした不調、そんなときに漢方薬が役に立てることがあります。
例えば、多くの人が日々の生活の中で感じるイライラや不安。これらはストレスによる症状の1つで、タイプによっては薬で症状を軽くすることができるのです。現代人の半数近くの人がストレスを抱えていると言われていますが、ストレスによる症状は人によってさまざま。
自分の抱えるストレスがどんなものか、少し考えてみませんか。

【代表的なストレス症状3つ】

・精神的症状
「イライラ」「不安」「落ち込み」など、ストレスを精神的に感じる症状。
大きな緊張があると、のどがつかえているような感じを伴う場合もあります。

・身体的症状
「不眠」「食欲不振」「肩こり」など、ストレスが原因で身体に現れる症状。
緊張状態が常に続くことで、肩こりや胃腸の調子が悪くなり下痢や軟便を引き起こす場合もあります。

・行動的症状
「作業効率の低下」「摂食障害」など、ストレスによって普段の行動に影響がでる症状。
やる気や注意力がなくなり、これまでできていたことにミスが増えるような場合もあります。

ストレス症状の1つである精神的症状に関するアンケートでは、精神的症状を経験したことがある人は約2人に1人。その症状は「イライラする(29%)」「ささいな事が気になる(13%)」「のどのつかえ感(9%)」の順で経験した人が多いことがわかりました。
アンケートの結果でもっとも少ない結果となった「のどのつかえ感」は、例えばたくさんの人の前で話すときやはじめての場所にいくときなどにある、のどになにかつまったような違和感のこと。実はこれもストレス症状のひとつだったのです。

ストレスによる症状を感じた経験はありますか?

※平成28年度厚生労働省 国民生活基礎調査

■漢方で考える「ストレス(のどのつかえ感、不安神経症)」について
漢方では、疲労やストレスが「気」のめぐりを邪魔して止めてしまうことで、イライラやのどのつかえ感の原因になると考えます。「気」とは、目には見えないが、体を支えるすべての原動力のようなもので、全身をめぐっているものです。のどのつかえ感は、のどの部分で「気」のめぐりが滞ることで、のどに違和感を覚えるようになります。

■ストレスによる「のどのつかえ感」や「不安神経症」のための半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」は、疲労やストレスによって滞っていた「気」のめぐりを良くすることで、のどのつかえ感や不安感を改善する処方です。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)[第2類医薬品]
顆粒
24包
8日分
「クラシエ」漢方半夏厚朴湯エキス顆粒
■のどのつかえ感、不安神経症に

体力中等度をめやすとして、気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、のどのつかえ感

毎日の食事でストレスに負けない体づくり

漢方では、食べものや飲みものを摂取することで、体を構成する「元気」のもとである「気」を生成することができると考えられています。日々の体の状態に目を向けた、漢方流の体づくりレシピをご紹介!

玉ねぎスープ
<10分でできる☆玉ねぎスープ>
【材料:2人分】
玉ねぎ…1/4個(縦に薄切り)
ベーコン…2枚(1cm幅に切る)
クレソン…4枝(3cm幅に切る)
【調味料】
サラダ油…小さじ2
顆粒チキンスープの素…小さじ1
塩…少々
こしょう…少々

【作り方】

  • 1. 鍋にサラダ油を入れ、中火で玉ねぎをしんなりするまで炒めてから、ベーコンを加えてさらに軽く炒め、顆粒スープの素と水400ccを入れて煮込む。
  • 2. 仕上げにクレソンを入れ、塩とこしょうで味を整える。

【このレシピのポイント:クレソン】

クレソン
クレソンは、スープで使うと「辛味や香りでエネルギーの停滞を解消」し、苦味や冷やす性質で「熱をとる」という作用があります。
掲載日:2018年1月5日