ホーム > 暮らしのヒント > 漢方仙人の「健やか道場」 記事一覧

暮らしのヒント

漢方仙人記事一覧

  • 第6回薬味(五味)

    暑い夏には、カラダを冷やす食べ物が、そして、寒い冬にはカラダを温める食べ物が旬を迎えます。何万年も自然と共生してきた人類の摂理を考え、食べ物を使って健康な状態に保とうとするのが漢方の考え方です。この考え方を毎日の生活に取り入れ、病気知らずのHAPPY LIFEを!

  • 第5回食養生・薬膳

    漢方ではその長い経験で、食べ物とその効能についての知識の蓄積がされてきました。食事で健康になる、病気を治すことは、毎日の積み重ね。食と健康の関係が注目されている今、漢方の考えを毎日の食生活に取り入れて、病を寄せ付けないカラダを目指してみてはいかがでしょう。

  • 第4回なんとなく不調、これって未病?

    最近、注目されている「未病」という言葉。この考え方は、1世紀前の中国には医療の現場の常識でした。生活習慣病が急増している今、「未病」の考えを生活に取り入れ、健康維持をしてステキな毎日を送ってください。

  • 第3回これからの漢方〜西洋医学と共に〜

    科学では解明できない、人体と人間の心。今、医療は科学とともに、心とカラダを同一に考える方向に進んでいます。最新医療とともに目覚しく進化する「代替医療」の背景を解説します。

  • 第2回漢方の歴史は日本の医療の歴史!

    2000年以上の歴史がある漢方。人体の性質を知り、健やかに毎日を過ごすための知恵が詰まっています。漢方の歴史は、日本の医療の歴史といってもいいでしょう。

  • 第1回今、漢方が見直されているワケ

    「漢方」という呼び名は、江戸時代に「蘭法」(西洋医学)と区別するために生まれたのじゃ。カラダと心をひとつと捉える漢方で、身も心も健康になるのじゃ!

Copyright (C) Kracie Holdings,Ltd. All Rights Reserved.