キレイを作るエクササイズ
STEP3 

腹筋を鍛え、 

おなかを引き締める!
腹筋は、内臓や内臓脂肪を押さえるガードルの役目をしています。
ですから、腹筋がゆるい人は、内臓や内臓脂肪を支えきれずにぽっこりおなかになるのです。
おなかまわりをスッキリさせたいなら、腹筋を強化することが大切です。
筋肉が鍛えられれば、基礎代謝量はアップ! カロリー消費量が増えて、やせやすい体になります。
また、便秘を改善するのにも効果的です。
さあ、腹筋強化をはじめましょう。
イラスト ぽっこりおなかはこうしてできる
腹筋には、腹直筋と腹斜筋があります。おなかの前にある腹直筋が弱くなると、内臓や内臓脂肪が垂れ下がって、ぽっこりおなかになります。また、わき腹にある腹斜筋が弱くなると、ずん胴の体型になります。
腹筋を引き締める 

ストレッチ&ベンド
筋肉は負荷をかけて伸ばしたり縮めたりすることで、筋力をつけることができます。
「ずぼら腹筋ベンド」で筋肉を縮め、「バレエストレッチ」で筋肉を伸ばしましょう。
ずぼら腹筋ベンド
写真 1 あおむけになり、両ひざを立てる。手はクロスして胸に当てる。頭をあげてあごを引き、3秒間静止。
写真 2 ゆっくりと息を吐きながら、肩を起こしておへそをのぞき込むようにする。頭を上げてあごを引き、3秒静止。息を吸いながらもとに戻る。これを5〜10回繰り返す。
バレエストレッチ
筋肉ストレッチを優雅にするなら、バレエストレッチ。
おなかと背中の筋肉をバランスよく強化します。
写真 1 両足を肩幅くらいに開いて立ち、つま先を外側に向ける。
2 おなかの内部(腹筋)に力を入れるようにして背筋を伸ばし、ひざを曲げながら、ゆっくりと腰を下げていく。同時に両手をおなかのあたりまで上げていき、5秒間静止。
3 両手を広げながら腰を上げていく。2〜3を5回繰り返す。
▲ページトップへ
STEP2へ