ホーム > 企業情報 > 安全・安心の暮らしへ > ものづくりの技術 > こだわりの産地と品種「甘栗むいちゃいました」
あんぜんあんしんの暮らしへTOP

あんぜんあんしんの暮らしへ

  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー

ものづくりの技術

一覧へ 次へ

品種、産地までこだわった「甘栗むいちゃいました」

1998年に発売された「甘栗むいちゃいました」。
家族形態や生活スタイルの変化から、「からだによい」「ヘルシー」といった点が食べ物において重要視されるようになり、食事だけではなく、お菓子に対してもそのような思いが強くなってきました。そこで、ナチュラルスイートな大人にも食べてもらえるお菓子として、産地、品種にまでこだわった自然素材のお菓子「甘栗むいちゃいました」が開発されたのです。

こだわりの産地と農場管理

「甘栗むいちゃいました」には、「天津甘栗」の原料として用いられる代表的な産地の栗を使用しています。
クラシエが使用する栗 の農場は、すべて有機JAS認定を受けています。

天津甘栗の代表的な産地
天津甘栗の代表的な産地図
DNA分析による栗の品種と産地を確認するための研究
核DNAと葉緑体DNAの分析 核DNAと葉緑体DNAの分析図 遺伝子学的手法による品種や産地の同定法 遺伝子学的手法による品種や産地の同定法図 クリの系統樹と「甘栗むいちゃいました」に使用される中国クリの産地 クリの系統樹と「甘栗むいちゃいました」に使用される中国クリの産地図

収穫農場から最終加工場まで有機JAS認定

クラシエでは、3年以上農薬や化学肥料を使用していない有機JAS認定を受けた農場で栽培された栗だけを使用しています。化学物質が流入しないように、農場が隣接する林・河川はもとより、輸送時、製造工程にいたるまで全工程で厳密に管理されているのが「甘栗むいちゃいました」です。化学的に合成された肥料・農薬汚染に関する安全性は、最高水準となっています。
そして、むき栗の製造 とレトルト加工を行う中国の工場も、日本のレトルト加工工場もすべて有機JAS認定を受けています。

「甘栗むいちゃいました」の有機JAS認定証
認定証イメージ

中国の圃場

認定証イメージ

中国の冷凍むき栗・レトルト栗生産工場

認定証イメージ

日本のレトルト栗生産工場

自然素材の商品だからこそ徹底した農薬分析・微生物分析

原料の栗については、自社内はもちろん外部機関で農薬や微生物の検査・分析を行い、安全性を確認しています。

農薬分析・微生物検査
農薬分析装置イメージ

農薬分析装置

微生物検査の様子イメージ

微生物検査の様子

外部機関による分析結果イメージ

外部機関による分析結果

機JAS認定されていることの安全性

「甘栗むいちゃいました」のパッケージについている有機JAS認定マークは、農林水産大臣が定めた品質基準や表示基準に合格した農林物資の製品のみに付けることができる認定マークです。
「甘栗むいちゃいました」は有機栽培栗を使用し、その栗の収穫農場から製品として出荷される最終加工場まで、その有機JASの認定を受けています。
有機JASの認定を受けるには、有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査します。その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを付けることができます。 この「有機JASマーク」がある農産物と農産物加工食品だけが「有機」、「オーガニック」などの名称の表示ができるのです。
禁止されている農薬や化学肥料を、3年以上使用していない農場で栽培したものだけが「有機栽培」と認定されます。

化学物質流入のリスク管理
化学物質流入のリスク管理図
一覧へ 次へ
  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー