ホーム > 企業情報 > 安全・安心の暮らしへ > 品質管理 > トイレタリー・コスメティックス
あんぜんあんしんの暮らしへTOP

あんぜんあんしんの暮らしへ

  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー

品質管理

トイレタリー・コスメティックス 漢方薬・医薬品 お菓子・食品・アイス

トイレタリー・コスメティックスの品質管理

開発、商品化、生産の各段階で、研究開発、商品開発、生産・購買、品質保証などの各部門が下表の品質管理項目に基づき厳しいチェックを行っています。製品の仕様決定と前後して、研究開発部門と生産部門による量産化に向けた生産技術検討を行い、実際の生産と同条件でのテスト生産を行い、品質保証と安全性を確認しています。厳密に管理された生産体制のもと作られた商品は、生産するたびに品質確認を行い、テストに合格した商品のみをお客様にお届けしています。

商品企画段階から最終製品の品質管理

商品設計および原料選定

原材料、製品および製造工程に関して、法的基準に加え、
独自の基準の設定し安全性を確認しています。
新規に採用する原材料は、ビューティケア研究所にて安全性を確認し、
当社独自の検証が完了した後、初めて採用となります。

商品設計および原料選定
生産技術検討

研究開発部門と生産部門による量産化に向けた
生産技術検討を行っています。量産化をしても、
商品が処方設計どおりに製造できること、
容器などへの不良が発生しないことなどさまざまな確認をしています。

生産技術検討
テスト生産

実際の生産設備、生産条件で、実際の原材料、
製品容器・包材を用いて、本生産と同条件でのテスト生産を行い、
品質保証と安全性を確認しています。

テスト生産
最終製品の品質・安定性

完成した製品は、生産ロットごとに仕分けされ保存し、
商品発売後も時間経過によって品質に劣化がないことを確認します。

最終製品の品質・安定性

品質管理項目

安全性

安全性評価研究部門が、原料および商品に関して、
法的基準に加え、独自の安全性評価基準を定めて
問題がないことを確認しています。

防腐性

使用・保管実態を考慮した処方設計、
生産工程での衛生管理などの総合的な検討を行っています。

安定性

使用・保管実態を考慮し、さまざまな温度、湿度、光などの
条件の下でも安定性が保たれるような確認をしています。

使用特性

実使用レベルでの評価を行い、上市までに不具合を洗い出すことで、設計見直しや説明表示の検討を行っています。

容器特性

内容物保護、安全性、使い勝手、強度・耐久性、
生産・物流適性などについて、総合的な検討を行っています。

商品表示

商品表示は、お客様への非常に重要な情報提供であることから、法的表示、業界の自主表示への適合はもちろん、
必要な情報がわかりやすく表示されていることを確認しています。

トイレタリー・コスメティックス 漢方薬・医薬品 お菓子・食品・アイス
  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー