ホーム > 企業情報 > 安全・安心の暮らしへ > 製造工程 > 甘栗むいちゃいましたができるまで
あんぜんあんしんの暮らしへTOP

あんぜんあんしんの暮らしへ

  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー

研究開発

  • シャンプー・コンディショナー
  • 漢方薬・医薬品ができるまで
  • ねるねるねるね
  • 甘栗むいちゃいました
  • ヨーロピアンシュガーコーン

甘栗むいちゃいましたができるまで

甘栗むいちゃいましたの製造工程では、使用原料(栗)の収穫農場から最終加工場まで農林水産省の厳しい審査を受けて有機JASの認証を受けています。農薬・化学 肥料を使用しない農場の栗のみを使用、食品添加物不使用、一般食品と区分けされた工場での生産等の条件を満たしています。

原料栗加工(中国)

1 原料

農場で外観や大きさをチェックし選別。有機栽培の栗のみを受け入れます。工場では、大きさを大・中・小に分別し管理しています。
倉庫内の温度をコントロールして甘栗の甘さを引き出します。

次へ
2 焼成・皮むき

焼成温度・時間に自社基準を設け、甘栗の風味を最大限に引き出します。
焼成後、人の手で一粒ずつ、ていねいに皮を剥きます。

次へ
3 選別・冷凍

基準に基づき、第1次・2次と、2段階に分け選別します。
渋皮や付着した汚れ除去のため、水洗いした後、水切りし冷凍に回します。鮮度を保つため、急速冷凍します。

次へ
4 検査

金属異物を全数検査します。また、外観、Brix糖度、官能(異味異臭)、微生物(一般生菌、大腸菌、芽胞菌など)のチェックも行います。

次へ
原料 焼成・皮むき 選別・冷凍 検査

出荷

レトルト加工 (国内)

受入検査

当社の基準を満たしている栗のみを生産に使用します。また、定期的に抜き取り検査を実施しています。

次へ
解凍・選別

流水で解凍し、不良栗を抜き取ります。

次へ
計量・充填

レトルト後の風味を保つため、窒素ガスを吹き込み、パウチ内の酸素を低減させます。残存酸素率2%(基準)を大きく下回る1.0%以下に徹底管理しています。

次へ
レトルト

微生物的安全性を確保し、かつ、風味良好になるような条件にて、レトルト処理を行います。

次へ
検査・出荷

最終製品の内容量、官能、外観、包装状態、微生物の検査を実施し、合格した商品のみが出荷されます。

受入検査 解凍・選別 計量・充填 レトルト
  • シャンプー・コンディショナー
  • 漢方薬・医薬品ができるまで
  • ねるねるねるね
  • 甘栗むいちゃいました
  • ヨーロピアンシュガーコーン
  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー