ホーム > 企業情報 > 安全・安心の暮らしへ > 製造工程 > 漢方薬・医薬品ができるまで
あんぜんあんしんの暮らしへTOP

あんぜんあんしんの暮らしへ

  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー

研究開発

  • シャンプー・コンディショナー
  • 漢方薬・医薬品ができるまで
  • ねるねるねるね
  • 甘栗むいちゃいました
  • ヨーロピアンシュガーコーン

漢方薬・医薬品ができるまで

漢方薬・医薬品の製造工程では、原料生薬が天然のものであっても常に同品質の製品を生産するために、抽出・濃縮・乾燥工程の温度・時間など、長年のノウハウに基づいたコンピュータ管理を行っています。これらは、医薬品GMP(医薬品の製造管理及び品質管理の基準)のもと、高度な生産技術を有する自社工場にて一貫した生産システムに基づき取り組まれています。
エキス粉末を製造する高槻第二工場、及び製剤工程を経て最終製品化する高岡工場の国内2ヶ工場は共にISO14001認証(環境マネジメントシステムに関する国際規格)を取得し、環境に対しても配慮しています。エキス粉末製造時に出る生薬残渣は、飼料として100%リサイクルされています。

エキス粉末の製造工程(高槻第二工場・青島華鐘製薬有限公司)

1 受入検査・切裁

生薬中の含有成分や残留農薬などを分析し、基準を満たした生薬を使用します。適切な抽出率を確保するため、生薬ごとに大きさを変えて刻みます。また、品質維持のために保存方法にも細心の注意を払っています。

受入検査・切裁
次へ
2 原料秤量

一定の理論に基づいて配合された複数の生薬の組合せで秤量します。

原料秤量
次へ
3 抽出・分離

抽出工程が生薬成分の劣化や変質を防ぎ、エキス粉末の品質を決める最も重要な工程です。抽出温度・昇温速度・加熱時間を厳密に管理しています。
残渣と抽出液を分離します。

抽出・分離
次へ
4 濃縮

減圧濃縮法を採用し、60℃以下で実施しています。

濃縮
box_next
5 乾燥

乾燥効率の高い方式を採用し、エキス粉末に熱がかかる時間を短縮しています。

乾燥
次へ
6 エキス粉末

エキス粉末の成分等が一定の範囲内で含有しているか品質試験を実施し、社内基準に満たしたものを、製剤化する工場に出荷します。

エキス粉末 エキス粉末

製剤化工程(高岡工場)

7 受入

原料、容器などを受け入れます。主薬のエキス粉末は、吸湿性が高く、生産までの保管時も、温度・湿度を徹底管理しています。

受入
次へ
8 原料試験

残留農薬試験、重金属等を確認する純度試験、微生物試験、崩壊試験、成分分析などを実施し、厳重に調べ、社内基準を満したものを使用します。

01_img
box_next
9 原料秤量

エキス粉末と賦形剤(白い粉)とを秤量し混合します。

原料秤量
次へ
10 製剤化

造粒操作などを経てエキス粉末を、顆粒や細粒、錠剤などの形にしていく工程です。錠剤の一部の商品は、漢方独特の味やニオイを抑えるため、コーティングを後の工程で実施しています。

製剤化 製剤化
次へ
11 充填・包装

エキス製剤を瓶や、スティック包装などに充填し、箱に詰めて1個の商品に仕上げていきます。

充填・包装 充填・包装
次へ
12 検査・出荷

商品の内容量、外観等の品質検査を行い保管し、コンピュータシステムの管理化において、全ての品質試験に合格した商品のみが出荷されます。

検査・出荷
  • シャンプー・コンディショナー
  • 漢方薬・医薬品ができるまで
  • ねるねるねるね
  • 甘栗むいちゃいました
  • ヨーロピアンシュガーコーン
  • クラシエ品質のこだわり
  • ものづくりの技術
  • 研究開発
  • 製造工程
  • 品質管理
  • インタビュー