ホーム > 会社情報 > 会社案内 > 事業概要 > 薬品事業

会社案内

事業概要

薬品事業
事業紹介

薬品事業の歴史は、1934年の鐘紡武藤理化学研究所に始まります。「美と健康」に奉仕するという当時の事業理念の実践を目指し、1966年に山城製薬梶A1971年に中滝製薬鰍フ営業権を譲り受け、薬品事業に本格参入しました。

現在の薬品事業では、人間のからだのトータルバランスを重視した医療として近年注目を浴びている漢方薬を中心に、幅広く医療用漢方薬から一般用医薬品まで健康を総合的に守るための医薬品を自社一貫体制の下で幅広く提供しています。健康分野を通じ、人々が健康で豊かな生活を送ることができるように…。人々の健康への「想い」を大切にし、これまで築き上げた歴史、技術力、信頼を基盤に、明日の医療の発展に貢献してまいりたいと考えています。

≫企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

商品紹介はこちら
医療用医薬品分野(医薬品部門)

漢方薬の特徴を生かし、西洋薬ではカバーできない疾患や症状の改善を追及しています。高齢化社会や安全志向が進むなかで、体質改善効果を持つ漢方薬への期待はますます高くなっており、今後もさらに発展する市場として、大きな可能性を秘めています。

医療用医薬品分野

≫医療用医薬品は漢・方・優・美Webサイト(医療従事者の方向け)をご覧下さい別ウィンドウで開きます

一般用医薬品分野(ヘルスケア部門)

クラシエの漢方薬シェアは、OTC(Over The Counter)と呼ばれる薬局・薬店向け商品ではNo.1です。より多くの生活者に漢方薬を身近な存在として頂くため、新しい漢方薬の提案、明快な商品 コンセプトの提示、飲みやすさ・使いやすさの追及、現代的でわかりやすい商品パッケージデザインなど、生活者のニーズに合致した商品群を豊富にラインアップしています。

コッコアポプラスA錠
「クラシエ」漢方葛根湯エキス顆粒S2
クラシエ八味地黄丸A
安中散料エキス錠

≫一般用医薬品の商品紹介はこちら

会社概要
クラシエ製薬株式会社
所在地 東京都港区海岸3丁目20番20号
代表者 代表取締役 社長執行役員 小沢 博
資本金 2,410百万円
事業内容 漢方薬を中心とした医療用医薬品と一般用医薬品の製造・販売
関連会社 青島華鐘製薬有限公司
華鐘高科医薬(北京)有限公司
韓国クラシエ薬品株式会社
クラシエ薬品株式会社
所在地 東京都港区海岸3丁目20番20号
代表者 代表取締役社長 小沢 博
資本金 100百万円
事業内容 医薬品、医薬部外品等の病医院、診療所及び薬局・薬店への販売

≫薬品事業の国内外事業場一覧

沿革
1966年(昭和41年) 山城製薬(株)の経営権を譲受
1971年(昭和46年) 中滝製薬(株)の経営権を譲受
1972年(昭和47年) カネボウ薬品販売(株)設立
薬品事業への本格的参入
1974年(昭和49年) カネボウ薬品(株)設立(カネボウ薬品販売を社名変更)
1976年(昭和51年) 漢方研究所設立
1978年(昭和53年) 漢方エキス錠シリーズ発売(八味地黄丸エキス錠発売)
1988年(昭和63年) 青島華鐘製薬有限公司設立
1993年(平成5年) 「コッコアポA錠」発売
2000年(平成12年) 健康食品「カネボウ万寿丹」発売
2001年(平成13年) 「新コッコアポA錠」発売
2002年(平成14年) 医療用漢方1日2回服用製剤(KB2)発売
2005年(平成17年) 「コッコアポプラスA顆粒」発売
2006年(平成18年) カネボウ製薬(株)設立 (カネボウ(株)の薬品事業を営業譲受)
2007年(平成19年) クラシエ製薬(株)に社名変更
クラシエ薬品(株)に社名変更

Copyright (C) 2007-2014 Kracie Holdings,Ltd. All Rights Reserved.