Kracie

会社の歴史

旧カネボウの創業から、クラシエ誕生までの歩みをご紹介します。

一目でわかるクラシエの歩み

1887~1959
前身となるカネボウの創業

1887年に創立された「東京綿商社」が、旧カネボウの前身です。

その後「有限責任鐘淵紡績会社」となり、衣食住のうち「衣」を支える事業を展開していきました。

創業当時の紡績所と絹糸の製糸工程から生れた石けん

1960~1986
化粧品・食品・薬品事業の成長期

カネボウ化粧品の設立や、食品・冷菓事業、薬品事業へ進出。

多角的に事業を展開し、1971年には「鐘紡(カネボウ)」に社名が変更されました。

ナイロン、薬品、化粧品事業など工場開場

1987~2006
創立100周年からの激動期

2001年に「カネボウ株式会社」となり新技術を採用した商品を発売。

一方で繊維事業の不振もあり、苦境を迎えることに。2003年からは再生の道を歩んでいくことになります。

落ちない口紅、画期的容器、顆粒剤コーティングなど新技術開発

2007
クラシエの誕生と歩み

2007年7月1日、カネボウから「クラシエ」に社名変更し、新たな一歩を踏み出しました。

「人を想いつづける」企業として人々の生活に貢献してまいります。

クラシエの初日、除幕式
“人を想いつづける”を体現した「くらしえほん」