ホーム > 会社情報 > 環境・社会とのかかわり > 環境基本方針

環境・社会とのかかわり

環境基本方針

クラシエは、環境保全活動に対する基本理念を明確化し、当社としての行動指針を明示した「クラシエ地球環境憲章」を制定しています。この憲章に記された基本理念と行動指針のもと、持続的な地球環境の保全と人々の健康と安全な暮らしへの貢献に向けて、引き続き積極的な活動を続けていきます。

クラシエ地球環境憲章
前文

今日、地球的規模の環境問題、即ち地球温暖化、森林の減少、砂漠化、生態系の異常化、酸性雨、海洋汚染等々の諸問題は、従来の産業公害や都市における産廃物、排水等による環境汚染問題と共に、我々人類とその生存基盤である地球の未来を危うくする重大要因であり、我々はここにこれらの諸問題を解決して地球環境の保全を図るため、世界的規模でその対策に取り組み、より健全な環境を次世代に引き継いでいかなければならない。当然のことながら、企業においてもその経済活動と地球環境保全を両立せしめる行動規範が求められている。

かかる基本認識のもとに、クラシエは従来より全社を挙げて事業活動を通じ広く環境問題と人々の健康、安全に寄与して来たが、ここにあらためて、その基本理念を明確化し、併せて社としての行動指針を明示した「クラシエ地球環境憲章」を制定する。

クラシエ環境基本理念

クラシエは“こころ豊かでつややかな未来(あす)の暮らし”を社会と共創する企業グループとして、全ての事業活動を通じて、豊かで美しい地球環境の実現を目指し、人々の健康と安全の維持向上につとめます。

行動指針

クラシエは総ての事業活動において、地球環境保全と人々の健康、安全保持のための努力を継続的かつ着実に推進し、社会との対話と相互理解・協力のもとに企業としての責任と貢献を果たすべく、以下の通り全社行動指針を規定する。

  • (1)全社事業活動の全局面における環境問題に対する施策と、環境保全や人の健康、安全に寄与する事業活動の推進を図る。
  • (2)生産施設の立地を初めとする生産活動の総てにおいて環境関連基準、即ち、地域の法律、規則及び地域団体との協定を遵守する。
  • (3)各生産工場毎に、環境保全に必要な措置を講じるための組織を整備する。その責任者は、環境保全に関し、環境負荷削減などの目標、対策、実行計画を設定し、その遂行に当たる。尚、生産工場は、社外にあっては監督官庁等、社内にあっては本社の指導或いは監督を受けるものとする。

    その対象とする項目は次の通りである。
    • (1)省エネルギー対策(環境汚染防止並びに地球温暖化防止対策)
    • (2)産業廃棄物対策
    • (3)省資源対策
    • (4)資源リサイクル
    • (5)化学物質管理
    • (6)環境保全対策(製品の生産・流通・廃棄段階での環境保全)
商品とサービス 地球環境保全との調和を求め、且つ人々の健康と安全に奉仕し、価値ある人生に相応しい生活環境を実現する商品とサービスを提供する。
研究開発 地球環境保全と人々の健康、安全に貢献すべき新技術及び関連商品の開発のため、研究開発体制を強化し、研究テーマの探索、設定と研究開発の推進を図る。
事業開発 地球環境保全と人々の健康、安全に貢献すべき事業展開のため、事業開発体制の強化、事業アイテムの設定と事業開発の推進を図る。
社会の要請への対応 地球環境保全問題に関する社会の要請、或いは国際的、国家的、地域的要請の把握と社内への伝達徹底を図り、併せてその対応策を推進する。
広報活動 社外に対して、当社の事業活動及び研究開発に於ける地球環境保全貢献策の具体的展開について、積極的に広報活動を行う。
教育・啓発活動 地球環境保全に関する諸問題の、全社員に対する教育啓発活動を行ない、一層の意識高揚を図る。
環境政策への貢献 国際機関、政府行政当局並びに産業界諸機関が推進する環境政策に沿い、当社の事業活動上の経験を基に積極的に提言と協力活動を実施する。

Copyright (C) Kracie Holdings,Ltd. All Rights Reserved.